スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月7日~10日 秋の四国・九州ツーリング(3~4日目・前編)

1~2日目のレポはこちら 

http://orangetiger.blog47.fc2.com/blog-entry-324.html
今回の九州ツーリングも早3日目。この日の夜にはもうフェリーに乗って大阪へと帰らねばなりません(つД`)
と言う事でこの日は朝早くからしっかりと九州の道を走りたかったので、頑張って7時前に起床。
そらさんは本来ならもっとゆっくり寝ていられた筈なんですが…巻き添えにしてしまってゴメンナサイ(^ω^;)フヒヒ

とりあえず洗面と歯磨きを、と思って荷物の中から歯磨きセットを取り出そうとすると、そらさんから『去年来た時に歯磨きセットを忘れて行ったでしょ(???????)』との声がw
確認しに行ってみると確かにありました/(^o^)\ナンテコッタイ
さすがに歯ブラシはちょっとアレな感じになってましたが、歯磨き粉の方は特に変な匂いもしなかったので、歯ブラシを丁寧に洗った上で一年前のセットで歯磨き開始ww
その後雑談しつつ荷物整理を済ませ、8時過ぎにそらさんのお店を後にしたのでした。
そらさん、今年も本当にお世話になりました。来年またよろしくです(ぉ

そらさんとお別れした後はR210を少しだけ大分方面に走って、豊後中村駅前から分岐する県道40号を経由して九州ツーリングの定番コースとも言えるやまなみハイウェイを目指します。ところがこの県道40号線、九酔峡と呼ばれる渓谷沿いを走るので清涼感は満点なのですが道が狭く、おまけに前をコカ・コーラ社の自販機補充の車?に塞がれてひたすらのろのろ運転を強いられる羽目に…ホント今年の九州ツーリングはこんなのばっかだわ┐(´д`)┌

とにかく辛抱して走り、飯田高原まで出た所で3桁県道に入ってやまなみハイウェイへ。
レストハウスやまなみの近くに出て来たので、丁度良いタイミングとばかりにここで休憩します。


1009-1_20111010182752.jpg
くじゅう連山の美しいシルエットと、抜けるような青空のコントラストがたまりませんヽ(゚∀゚)ノ
今日も素晴らしい天気に恵まれそうでテンションも上がります。


レストハウス内のカフェが9時から開店するそうなので、ここで朝食を取って行こうとトイレの後一旦バイクの所まで戻り待機する事に。地元のライダーさん2人と会話している内に時間になったので、先に出発されるお二人を見送った後にすぐにカフェに向かいます。


1009-2.jpg
豆乳トーストとアイスコーヒーのセット。
トーストは普通の食パンよりもあっさりテイストながら、しっかりと豆乳の味わいがありました。
コーヒーもくじゅうの湧水仕立てで美味しかったです(゚∀゚)


そして朝食を済ませて再出発。
日もすっかり上がって、朝方は涼しかったのにもう汗ばむくらいの陽気に。
ベンチレーションが2ヶ所あるとは言え、レザージャケットでは少々辛い状態です(´Д`;)

牧ノ戸峠を越すワインディング区間を淡々と走行。
それにしても驚いたのが車の数です。それも車線上より路駐の車ヽ(`Д´)ノ
恐らく近辺の山々への登山客のものだと思われますが、決して広くないやまなみハイウェイの路側帯に延々2~3kmほどずらりと停められているのですから、正直溜まったもんじゃありません(怒)
おまけに車の主とその家族らしき登山客が路側帯を無警戒でほっつき歩いてるので、危ない事この上無し…
去年そして一昨年はここまで酷くは無かったんですがね?行きのフェリーといい、一体今年はどうなっているのやら…┐(´д`)┌

とりあえず辛抱して先に進みます('A`)
R442(日田往還)との交点から更に南へ。
車の数もこの辺りまで来るとだいぶ少なくなり、流れも快適になります。
左右には北海道を思わせるかのような広い草原が広がり、実に爽快なライディングを楽しめましたヽ(゚∀゚)ノ
一枚くらい写真を撮っても良かったかな^^;

その後はひごだいロード~ミルクロードと農道を2本走行。
こちらも牛さんが放牧されている脇を走り抜けると言う何とものんびりした気分になれる道でした。
折角なので写真を撮ろうかとも思いましたが、去年走った際に撮っていたのでもういいかなとスルー(ぉ
そのままR57に合流し、次は阿蘇山に登るべく宮地方面へ向かいます…
が、R265との分岐を過ぎた直後からまさかの渋滞Σ(゚Д゚,,)
見た感じ青信号でも全く車が進んでません…

ちょっと脇道に入って考えた結果、阿蘇パノラマラインのずっと手前でこの状態では、この日一日阿蘇山に登るだけで終わってしまうので、潔く断念して折り返し、R265分岐まで戻って高千穂方面を目指す事にしました。
それにしてもホント今年はどうなってるの?2年前は余裕で登れたし、去年も時間の都合で途中で引き返したとは言え、阿蘇パノラマラインまでは快適に流れてたのに…震災で東日本への旅行を敬遠した人達がこっちに流れて来てるのでは、と言う見方も出来るけど、それだけが理由とはとても思えませんな…
自分は逆に高速1000円終了で車の数は減ると見込んでただけに尚更ですわ('A`)

そんな訳で分岐まで引き返してR265に入り高千穂方面へ。
前にハーレーとBMW?で構成された3~4台の中高年ライダーのグループが居たので、自分はその後ろをマターリと走行して追従。すると後方から追い付いて来た別のメガスポーツ乗りのグループが、オレンジのセンターラインも全く気にする事無くぶち抜いて行ってしまいました┐(´д`)┌
こっちも法定+10km/hちょいの速度で走っていたんですがねぇ…更に残念なのがグループの中に隼乗りが居た事。これはあくまで個人的な感想になりますが、出先で無茶な追い越しをかけて来る集団の中には高確率で隼乗りが居るような気がしてならないんですよね。なんかますます隼への復帰意欲が薄らいで行く気がしますわ('A`)
まぁ悪いのは勿論ライダーなんですが、一緒に扱われたくないと言う思いもありますし…

それはさて置いて、高森町のR57分岐から高森峠までのR265は少々タイトなコーナーが続くものの、その眺めは実に素晴らしい物がありました。ぜひともその風景を一枚写真にと思ったものの、残念なことにこの区間には殆ど車はおろかバイクすら停められるスペースが存在せず、結局峠までなし崩し的に走る羽目に…しかも峠自体はトンネルで越えるだけの何とも面白くない峠でこれまたがっくり(´・ω・`)
トンネルを出てすぐに高千穂方面へ向かうR325へと進路を取りますが、ここでも休憩を取るタイミングにも場所にも恵まれず、気がつけば2時間ほど走り詰めになってしまいました。まぁ確かにツーリングの基本は走る事なんでしょうが、折角普段来れない場所を走っているんだからあちこち寄り道したいと言うのもまた人情と言うものじゃないかなと^^;

そしてもうすぐ高千穂峡と言う所で、何やら左手にSLと赤い電車or気動車を抱えた何かの施設が見えて来ます。
そろそろ休憩を欲していたのもありますが、何よりも鉄分のまだ多分に残る自分は条件反射的に施設内へ突入w
そこは『トンネルの駅』と言う、神楽酒造と言う宮崎県の酒造メーカーが所有する言わば道の駅的な存在の施設でした。


1009-3b.jpg
最初は別の場所に停めたのですが、すぐにSL前のスペースが空いたので速攻で移動w
ドカとSLの組み合わせなんてそうそう滅多にお目にかかれるもんじゃありませんぜ(^ω^;)


1009-4.jpg
保存されていたSLは大正生まれの8620形48647号機。
前面に掲げられた国旗からも分かるように、かつてお召し機として走った経験もあるSLです。
ちなみにこのSLの機関部の一部は、元SLあそBOY号牽引機で現在はSL人吉号牽引機としてなおも活躍中の、同じ8620形58654号機の補修部品として使用されているそうです。この48647号機も晩年を人吉過ごした事から、部品の一部とは言え里帰りを果たせたと言えるのではないでしょうか。


まずはトイレ(大)を手っ取り早く済ませてから、ちょこっと施設内を見学します。
施設入り口で保存されている車両も気になりますが、まずは何と言っても一番目に付くトンネルから。


1009-7_20111010182917.jpg
旧国鉄高千穂新線(未成線)の葛原トンネルを再利用した、神楽酒造所有の焼酎貯蔵庫です。
トンネル内部の気温(常時17度前後)と湿度(常時70%前後)が焼酎の保存に最適なのだとか。


ここではCMなどでも有名な『ひむかのくろうま』などの焼酎の原酒が保存されています。
入口前のポップで採用されている、ギャートルズのゴン一家が出ているCMを見たことのある方も多いのでは?
実際中に入るとひんやりしていて、ここに来るまでの暑さにやられていた私は非常に助かりました(^_^;)


1009-8.jpg
トンネル内部はこんな感じです。奥の方が若干下り坂になっているのだそうな。
原酒の樽は近くで見るとその巨大さに圧倒されます。確か1個あたり40Lだったかな?


1009-9.jpg
『天孫降臨の滝』とか言うたいそうな名前の滝ですw
この高千穂の街がニニギノミコトの天孫降臨の地とされている事から来たのでしょう。
(他にも町内には天照大御神の神話で有名な天の岩戸が存在する)
滝からはマイナスイオンが放射されているらしく、確かに心なしか気分が落ち着いた…かな?w


1009-5_20111010182918.jpg
施設入口に保存されていた赤色の目立つDC。
高千穂鉄道(旧国鉄高千穂線)で活躍していた『たかちほ号』として活躍していたTR300型パノラマカーです。
トロッコ神楽号のデビューにより早々に運用を解かれて、ここトンネルの駅で喫茶店として余生を過ごしていましたが、現在では喫茶店としての営業も終了して休憩室として利用されています。


1009-6_20111010182918.jpg
車内はオール転換クロスシートに大きめの窓と、観光列車にふさわしいインテリア。
シートの掛け心地もなかなかで、現役車両として他に活躍の場所は無かったのかと少々残念な気持ちになりました。
車齢も比較的新しいと見えるだけに尚更です。


おっと、肝心の駅本体の施設の感想を忘れていたw
とりあえずお土産コーナーが充実していたのと、焼酎やワインの試飲コーナーが設けられているのが特徴かな?
勿論試飲はドライバー&ライダーはNGですよ!て言うか自分も飲みたかった…(´・ω・`)ショボーン
あと、ここで会社の連中向けにそば饅頭を購入。別に有休で来てる訳じゃないので買う必要は無かったんですがねぇ(^_^;)

あと、屋台で美味そうなものをあれこれ売っていたのですが、この時点で実は若干風邪っぽい症状が出ておりまして…その影響で食欲がなかったので全てスルーと相成りました(ノД`)
昨晩野球で汗かいたのに、そのまま風呂にも入らず寝てしまったせいかな…

そんな訳で結局ここでは缶コーヒーを1本飲んだだけでそそくさと退散したのでした。
そう言えば出る時に30台くらいのハーレー軍団がワラワラと押し寄せて来てたような…
で、その中のおばちゃんに話しかけられたような気も。ただ元々ああ言う大集団が自分は苦手、かつ出掛けだったと言う事もあり、めっちゃ素っ気ない対応をしてしまったような気もしますが、まぁいいでしょうw

トンネルの駅を後にして少しR218を北上すると、すぐに高千穂の街の中心部に出ます。
普通ならここで高千穂峡の観光でも、となるのでしょうが、今回はまだ先に目的地があってここで時間を割く訳にも行かないのでパス。まあそれ以前に観光するのにバイクを置いて行く場所も心当たりがありませんしね。

て言うかそれ以前に風邪っぽい症状が治まる気配が無いのでそれどころでは(´Д`;)
悪化する前に早めに薬を飲んで手を打ちたい…と思うも薬屋など影も形もありません。
それでも何もしないよりはと、道の駅近くのファミマでトローチを確保して(^ω^)ペロペロ
後は帰りのフェリーに乗るまでに何とか薬屋を見つけて、風邪薬を確保せねば…

GSで給油を済ませた後、R218を延岡方面へ向かいます。
と、その前に少し寄り道。


1009-10.jpg
天翔大橋。コンクリートアーチ橋としては日本一の長さだそうです。
下を流れる五ヶ瀬川の水面からの高さは143mあり、これも日本一の高さだとか。
詳細はこちら


撮影を終えた後は道の駅『青雲橋』で水分補給のため小休止。
10月とは言え南国宮崎の日差しは強烈で、革ジャンを着込んでいる私は汗だくなのですわ(´Д`;)
汗が乾いて身体が冷える→風邪悪化のコンボも心配な所です…

小休止が済んだ後は、橋の直ぐ先で北へ分岐する県道6号線(日之影宇目線)へと入って行きます。
しかしこの県道、出だしから一桁県道の名が泣きまくりなヘロヘロ道で先が思いやられる状態…
ただでさえ風邪気味で頭がボーっとする状態で、荷物満載のST3で突入するような道では無いのですが、次の目的地にはこの県道を通るのが最短コースなので止むを得ないのです。フェリーの時間との兼ね合いもありますしね(´Д`;)

そんな訳で、川沿いに沿った1車線前後の舗装ガタガタな道を慎重に進んで行くのでありました…
続きは後編にて(^ω^;)


(後編に続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

うおっ!ドカとSLが一緒に映ってるw
ありがたやありがたや

SLといえば奈良のデゴイチしか現物みたことないので
いい目の保養になりました

いらっしゃいませ~

どもども、更新頻度の超絶低い駄ブログにようこそお越し下さいました^^;
思い付きで撮った一枚でしたが、喜んで頂けたのであれば幸いですw

次回は動いているSLをバックに一枚…と行きたい所ですが、そこに行くまでが大変そうですわ(笑)
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。