スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年・夏のダート林道紀行(DR-Z) 4日目

俺は1ヶ月半前のツーレポだって構わz(ry

と言う事で、電撃的な隼復帰と言う大ニュースの影にすっかり隠れてしまっていたお盆休みの信州林道ツーリングレポですが、3日目まで書いておいてそのまま未完と言うのはアレなので、今更ながらではありますが最終日の模様をうpさせて頂きますw

朝9時過ぎにホテルを出発。
前日の夜には大浴場の件で頂けない対応があったこのホテルだが、料金も安い上に朝ご飯もなかなか美味しかったので、総合的には良い評価を与えておきたい。

さて最終日となる本日の予定だが、前日の夜に色々考えた結果、まっすぐ高速で帰阪する事とした。既にこの3日間でかなりのダートを走行した事であるし、更なる戦果の上積みよりも早めに戻って人車共に休息を与えるべきではと言う考えに基づいての判断である^^;
と言う事で最寄の伊那ICからさっさと中央道へ乗り、ひたすら南下する。その気になれば110km/h程度での巡航も十分可能なDR-Zだが、履いているタイヤの事もあるので大体100km/hのペースで走行車線をマターリと走行して行く。それでも時折遅い車に引っ掛かり、止む無く追い越しを仕掛ける羽目に…法定速度を守るのは結構な心掛けだが、周囲の車の流れに乗らない法規遵守の走行はかえって迷惑なのよ?('A`)

とにもかくにも中央道を走り切り、小牧ICTから名神高速へと合流。ここまで来れば大阪まで休憩を含めても後3時間ほどあれば到着するのだが、この時点でまだ時刻は正午にも達していない…
と、この状況につい色気が出てしまった私は、おもむろに名神を大垣ICで下りてしまう。1日目に時間の都合で回避した南谷林道に改めて突入しようと思い立ったのだ^^;
しかし結果は散々なものに。まず北側からのアタックではそれらしい道を見つけたものの、あまりの荒れ具合&狭さにミスコースしたのかと不安になり撤退。続いて二之瀬越まで向かい南側からの進入を試みるもゲートに阻まれて、結局走行を断念となってしまった…


070814-2.jpg
脇が甘いので進入は可能っぽいが、最終日にそこまでしてダートを走る必要も無かろう。


とりあえずそのまま南濃北勢線阿下喜まで南下。ここでR306を北に行くか、南に行くかで悩んだが、このままではどことなく消化不良な感があった為、代わりとなるターゲットを求めて南に進む事とした。
その次なるターゲットとは、かつて二度タイガーで挑みながらも悪天や道路作業などでいずれも道半ばで弾き返された茨川林道である。そう、今自分が走っている場所から一番近くにあるダート林道がここだったのだ(w。そしてこの林道の起点はR421滋賀県側にある為、必然的に石榑峠を越える事となる…うは、7月(タイガー)に続いて2ヶ月連続のコンクリブロック通過www
て言うか、まさか今回のツーリングで石榑峠を越える事になるとは思いませんでしたなwww

と言う事で石榑北交差点から鈴鹿山脈めがけて突撃を開始する。
峠付近に怪しい色の雲がかかっているのが気になる所だが、さすがにここまで来て引き返す訳にも行かない。何とか持ってくれる、或いは降っても小雨程度である事を祈りつつ、ひたすら前進。結果やや濃い目の霧に悩まされたものの、とりあえず峠までは本格的に雨に降られる事も無く無事到着した。


070814-3.jpg
2ヶ月連続の石榑峠w
隼・CBR・タイガーに続き、このDR-Zは実に我が愛機の中では4台目の石榑峠走破となる。どうでも良い事だが(汗)


今にも雨が降り出しそうな空模様の下、峠から滋賀県方面へ下って行く。
何とかこのまま茨川林道を走り切るまでは降らずにいておいてくれ…と心の中で願いながらの走行であったが、その願いも空しく林道入口までもうすぐ、と言う所でとうとう雨がポツポツと…orz


070814-4.jpg
しかし、ここまで来たらもう行くしかないのである。


とりあえずこれ以上の降りにならない事を祈りつつ、林道へと足を踏み入れる。フラットだが相変わらず水溜りの多い林道で、あっと言う間にバイクは泥まみれに。帰還後に洗車出来る時間があるか微妙だな…
などと余計なことを考えている内に、一気に雨が本降りになって来たではないか(汗)。こりゃタマランとばかりに待避所らしき所で雨具を着用。その間にもどんどん雨脚は強くなって行く。
悪化する一方の路面状況、加えて林道脇を川が流れていると言う地理的要素を考慮した場合、ここで撤収するのが最も懸命な判断である。だが、結果的にはアタックを強行する事となった。乗っていたマシンがタイガーではなくDR-Zだった事や、川が流れていると言えども川面から林道まではまだまだ余裕があった事、それに後日またこの林道を走り切る為だけにここまでやって来る事の面倒さなどを考慮しての決断だったのだが、よくよく考えればやはり無謀であると言わざるを得ないだろう。以後、斯様な事が2度と無いように自制心を働かせなければと思う次第である。


070814-5.jpg
何とか林道末端に到着。
予想に反して結構な数の車が停まっていたのには驚いた。


茨川林道、3度目の挑戦にしてようやく完走。
しかし感慨に耽っている暇は無い。何せこの天候だけに、林道に何らかの異変が起こらないとも限らないのだ。万が一土砂崩れ等が発生し、この林道に孤立する事なんかになってしまうと万事休すである。
そんな危機感からか、帰りは行きの1.5倍くらいのペースでひたすら爆走。無論見通しの悪いコーナーなどではちゃんと減速していたが、それ以外では自分としては限界に近いペースで飛ばしていたと思う。ただ、攻めているなどと言う感覚は全く無く、ひたすら必死だったが…

その必死の走り?の甲斐もあってか、何事も無く林道からの脱出に成功。するとその頃には雨も小降りになり、R421に復帰して永源寺ダムの横を走る頃には雨は完全に上がっていた。どうも単なる通り雨だった模様である。とは言え、えらくピンポイントな降り方だったようなw

これでひとまず今回のツーリングにおける主要イベントは全て終了、後は名神に乗って大阪へ戻るだけである。
と言う事でR421を八日市まで走り、名神高速へ合流。昼飯がまだだった為、入って直ぐの菩提寺PAでカレーでも食おうとピットインする。そしてPAの建物の中でカレーをパクついていると、何時の間にか外は大雨www
さっきのは通り雨じゃ無かったのか('A`)て言うか走行中に降られずに済んだのは不幸中の幸いだったか…

とりあえずカレーを食い終わった後、コーヒーを飲みつつしばし様子見する。ふと見ると駐車中の車の下に一匹のトラネコが。そのままだと車が出る時に轢かれかねないので、駄目元で呼んでみると…ホイホイと付いてきやがったよwww


070814-6.jpg
で、何時の間にか人の足元で落ち着いてるしwww
まぁ別に良いんだけどな(;´Д`)ハァハァ


首輪が無いので恐らく野良ぬこなんだろうが、それにしてはあまりにも人を警戒しなさ過ぎる。余程このPAに足繁く通っているか、もしかすると脱走して来た飼い猫と言う可能性も…

そのまま30分ほど一人&一匹で雨宿りを続けるも、一向に雨が上がる気配が無いので、名残惜しくもぬこ様に別れを告げて雨具を着込み出発準備に取り掛かる。あまり人様に迷惑をかけるんじゃないぞ~w<トラぬこ様
再出発後、草津辺りまでは結構な雨が降っていたが、京都市内に入る頃には雨も上がっていた為、桂川PAで再度雨装備を解除する。今回のツーリングは最初と最後に雨に翻弄される結果になったな(苦笑)
その後は何事も無く運び、吹田からは近畿道に入って夕方6時頃に無事アパートへと帰還、4日間に渡るツーリングは幕を閉じたのであった。
ちなみに装着タイヤのD603の減り具合だが、Fが残り7分山、Rが残り6分山と言った所。予想よりもやや減りが少なかった感がある。これは往復の高速である程度ペースを落として乗った効果が…無いかなw

一番楽しみにしていた月夜沢林道が走れずに終わったり、余計なキップを切られたりとネガティブ要素もあった今回のツーリングだが、全体を振り返ってみればやはり楽しい体験の方が圧倒的に多かったように思える。ダートも結構な距離を走る事が出来たし、スノーベルでの楽しい一夜もまた忘れられない思い出になった。そして何よりも信州の澄んだ空気と雄大な自然は、都会暮らしで疲れ気味の心身をリフレッシュさせてくれるのに十分過ぎるほどであった。
年内はちょっと足を運べそうにも無いが、年が明けて気候も温暖になる頃には、今度は2代目隼でまた訪れてみたいと思う。林道に拘らなくても、十分に素晴らしいツーリングが出来るのは間違いないだろうから。

と言う事で、2007年夏のダート林道紀行のレポはこれにて終了とさせて頂く。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月夜沢林道

23日に日帰りで行ってきました(バックオフの信州編の帰り際)が、野麦側から入ると峠までいけましたが、
木曽方面に降るのに路肩崩壊(5月ぐらいから放置ぽい)と橋付近チェーンゲートで閉まってました。
峠周辺はガレがきつかったです。中津川の中腹林道も20kmほどあり走り応えありますよ

阿部さ~ん

それはともかく、ぬこタン(;´Д`)ハァハァ

これはきっと夢だ!夢に違いない!!

…タイトルは気にせんといて下さい(号泣)
明日もきっとまた無抵抗で負けるんだろうなぁヽ(`Д´)ノ

★よっしーさん
ご無沙汰してます。

>月夜沢
そうそう、そのチェーンゲートを見て私は引き返したんですよ。
そちらのブログを拝見させて貰った所、崩落自体はバイクでは通れそうな感じですね。ただ楽々と言うレベルではないので、万が一の事を考えてとりあえず通行止めにしてしまう気持ちも分からなくは無いかな?
あと私が言える義理でもないような気もしますが、ゲート抜けは程々にw
つか図体のデカいDR-Zじゃあんな芸当は出来そうに無いなorz

峠周辺がガレていると言うのは相変わらずみたいですね。
かつてダカール海苔の頃に襲撃を計画していたのですが、今思えば止めといて正解だった様なw

>中腹林道
実は今回のツーリングでは直前まで計画に入れていたのですが、一日目の宿までの走行距離と所要時間を考えて回避してしまいましたorz
あの周辺も舗装化が進んでいる感じなので、来シーズン辺りには走っておきたいですね。

★ぽっこ師匠
>ぬこタソ
こやつがまた警戒心まるでゼロのヤツでして、足元で居眠りこいてたかと思えばあくびはするは、ポンポンを向けて伸びはするは…
あの調子で野良として生きて行けるのか、ちと心配になりましたです(´・ω・`)

ま、こっちはその恩恵に与って散々モフらせて貰いましたがw
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。