スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ニモ負ケズ 風ニモマケズ ~2代目隼・1stツーリング~

先週日曜日に納車し、直後にバイク屋からアパートまで数km走行したものの、その後はバイクカバーを被り雌伏の時を過ごしていた2代目隼。
丸1週間経ったこの日、遂にその大いなる翼を目一杯広げる時が訪れました。目指すは遥か龍神村、初代隼退役から3年の時を越え、今新たなる隼伝説が幕を開けます!


…などとエエカッコして始めてみましたが、内容的には結構微妙かも知れません。写真も少ないですしw
出発前にネットで最終の天気予報チェック。
近畿全般で強風に注意と言うのが少し気になりますが、とりあえず雨の心配はほぼ無さそうなので予定通りに出発します。
しかし3年間のブランク故か、いきなり最初の交差点で右折時にバランスを崩しかける私マー(ry。とりあえず誰も見てなくて良かった良かったw

東大阪南ICから高速に入ると、予報通りかなりの横風が。湾岸高速や橋の上を走る時のような突風レベルではありませんが、それでも時折車体が流される感覚があってヒヤリとさせられます。ましてや納車したばかりでタイヤもワックスのまだ残る新品と来ては、運転もより慎重になると言うものです。
そんな事もあり高速では隼らしからぬ?ペースでマターリ走行。時折遅過ぎる車は抜きながらも、概ね100km/h前後のペースで淡々と距離を稼いで行きます。そして和歌山に入って直ぐの紀ノ川SAで休憩。さすがは新型隼、早速数名のギャラリーにヲチされておりますたw

その後海南東ICで高速から離脱。進行方向の雲行きが怪しげなのが気になりつつも、R424へと進路を取り、龍神村を目指す事に。
海南市内にまだ残るR424の酷道区間で記念すべき初酷道走行をこなし、黒沢牧場の前を横切って海南市から有田川町へ…



雨降って来ましたがなヽ(`Д´)ノウワァァァン!!



そりゃあ確かに出発前に見た予報では、降水確率は0%ではなく20%くらいの値はついてましたよ?でもさぁ、だからって何もこんな記念すべき日にその20%にヒットする事とは無いじゃないのorz
しかも進むに連れて雨脚はだんだん強くなって来るし…と言う事で急遽、道の駅『明恵ふるさと館』に入って雨宿りを兼ねた休憩タイムです、はぁ…('A`)
同じく雨宿り中だったBMW海苔のおぢさん達と少し会話したりしつつ過ごす事約20分、ようやく雨が小降りになって来た所で再スタートを切ります。しかし既にこの時点で新車の隼は早くも足回りが泥まみれに_| ̄|○


071118-1.jpg
雨自体は小雨程度の降りでしたが、どうもかなり前から降っていたようで路面は完全にウェットの状態になってます。
新品同様のタイヤにとってはスリップが怖い、過酷な条件です(汗)


R480から再びR424へ復帰し、龍神村を目指してひた走ります。
が、一旦は上がった筈の雨がまたポツポツと…雨具が必要なほどの強い降りでは無いのですが、降っている以上は少なくとも路面が乾く事はないので憂鬱なのには変わりありません。濡れた路面に注意を払いつつ、淡々とR424を走って行きます。いつもなら気持ち良く走れる筈の椿山ダムサイトの道も、この日ばかりはそうも行きません。
そんな風に辛抱のウェットコンディションでの走りが続く中、丁度正午過ぎに道の駅『日高川龍游』に到着。時間も時間だったので、ここで昼食休憩を取る事にしました。何だか最近、R424を走る時はいつもここで昼食を取っている気がしますw


071118-2.jpg
ここに到着する頃には晴れ間も覗き始めていました。
後はこのまま行ってくれれば良いのですが…


レストランでカツカレーを食し、その後外で缶コーヒーで一服。
約1時間の休憩を終えると、後は龍神温泉目指してラストスパートです。
当初はR424とR371をショートカットする舗装林道を走行して温泉へ向かう予定でしたが、この悪天候で路面状況が懸念されたので、そのまま国道をトレースする事に。これがタイガーだったら迷わず突っ込んだんですがねぇw
と言う事で国道を3~40分ほど淡々と走り、目指す龍神温泉街へ無事到着。
無料駐車場に隼を停め、風呂支度を手に早速元湯へと向かいます。


071118-3.jpg
龍神温泉元湯。ここに入るのは2回目です。


流石に日曜日と言う事もあって混雑気味でしたが、芋洗いと言う程ではなく一安心。
露天風呂、内湯と交互にゆっくり浸かり、寒さで悴んだ身体をしっかりと温めたのでした。
その後休憩室(実際には研修室となってましたが、事実上^^;)で、一服がてら帰りのルートを検討します。
休日で多分混雑、しかもウェット気味の路面と言う事もあり龍スカは早々に切り捨て。後はR425を経由して十津川に出てからR168を北上するか、それとも来た道を引き返す形にするかの2択でしたが、既に午後3時と言う時間的な都合もあって、結局来た道を引き返す事にしました。これが日の長い夏場だったら前者のルートもありだったでしょう…正直隼でR425はちょっと怖いですがね^^;

そんな訳で隼を停めている駐車場まで戻って来たのですが、ついでにとばかりに直ぐ近くに架かっている吊り橋(歩行者専用)を渡ってみる事に。実はこの橋も前回温泉に来た際に渡っていたりしますw
揺れは激しく足元はスケスケ、足場の板も所々腐っているなど、今回もスリル満点でしたwww


071118-4.jpg
橋の長さは大した事はありませんが、川面からの高さは相当あるので正直怖いです(((((;゚Д゚)))))


071118-5.jpg
橋の真ん中以外はご覧の通りスケスケ状態の足場。うっかりすると足を挟まれたりしかねませんw
この写真を撮影中も足の震えが止まらなかったのはここだけの話で…(汗)


スリルを味わい気持ちよく汗をかいた後(w)、温泉街を後にして一路家路へ向かいます。しかしただ来た道を引き返すのはさすがに芸が無いと感じたので、R425の分岐手前から伸びる舗装林道へおもむろに進路を取ります。
この林道は地図上では途中からr29(田辺龍神線)となり、R424小森トンネルの近くへと抜けています。つまりR371とR424を更にショートカットするような道筋だったのです。まぁ主要地方道とは言えTMでは『狭路』と言う記述があったので、さすがに快適走行と言う期待は出来ませんでしたが、普通に走り抜けられる程度の道ではあるだろうと予測。これからの酷険道走行に備えての足慣らし第2弾にでもなればと思い、いざ進入を開始します。

出だしから路面は落ち葉や小石等で荒れ気味でしたが、この程度なら過去に何度も走行経験がありまだ大丈夫とぐいぐいと前進して行きます。ところが高度を上げるに従って荒れ具合に拍車がかかり、見る間にペースダウン。時折舗装が崩れたダート区間も現われるような悪路に悩まされ、スリップ転倒を恐れるあまりいつしか1速固定の極低速走行になっていました。まだ卸したての新車と言う事で必要以上に慎重になっていると言うのもあるのでしょうが、初代隼でもっと程度の悪い道をグイグイ攻めていた事を考えると、やはり3年間のブランクの大きさを実感せずにはいられません。これは以前のレベルに戻すには相当な時間が必要かもです(;´Д`)


071118-6.jpg
名も無い峠にて。ここまでは何とか無事に辿り着けましたが…


下りに転じても道路状況に良化の兆しは殆ど見られず、相変わらずの亀走行が続きます。周囲には展望が開け、紅葉に彩られた山々の眺めが素晴らしいのですが、正直ゆっくり観察している心の余裕が無く…(苦笑)
それでも何やら名水の湧き出る場所のような所からは勾配もゆるくなり、同時に路面状態もかなり安定して来たのでホッと一息。まぁ狭いのは相変わらずなのですが、少なくともきちんとタイヤの通るラインが確保されているのはかなり安心感が違いますw


071118-7.jpg
道の状態が良くなり、心に余裕が出て来た所でようやく撮影タイム。
旬の過ぎた感があった紅葉ですが、なんとかギリギリ間に合ったようです。


071118-8.jpg
途中、工事の為舗装が剥がされている場所が2箇所ほど…
2代目隼、1stツーリングにて早くもダート走行を体験ですwww


そうして何時の間にか県道に(例の湧き水の辺りからか?)変化していたこの和歌山r29もR424に突き当たった(実際にはこの後一旦国道と重複してまだまだ続いて行きます)所でお別れ。ここからはまた行きと同じ道を遡って阪和道有田ICへと向かう事になります。行きはどことなくぎこちなかったこのダムサイトの快走区間も、既に200km以上を走った後とあって、今度は気持ち良くリズミカルに走り抜ける事が出来たのでした。
その代償として前傾姿勢がもたらす腰と腕の痛みはありましたがねw


071118-9.jpg
道の駅『しらまの里』で高速に上がる前の最後の休憩。
向こうに見えている道は、今更説明の必要も無いでしょうw
ちなみに今回の時点では通行止めの措置などは取られていませんでした。が、間も無く冬季閉鎖(来月から)となりますので訪問の方はお早めにw


休憩中にまた雨がパラパラと落ちて来たので早々に出発、その後は予定通り有田ICから阪和道へ。例の如く海南東ICまでは渋滞していましたが、そこを過ぎれば快適に流れ始めます…しかし行き以上に風が強かった為、横風に挙動を乱されてまるでペースが上がりませんorz
おまけにめちゃくちゃ寒い!!上下は防寒装備でガッチリ固めていたのでさほど影響はありませんでしたが、指先の冷えだけは如何ともし難く…一瞬だけ元愛機のタイガーが恋しくなった瞬間でしたw<グリップヒーター付き
結局その後阪和道は何とか全線走り切ったものの、あまりの強風に嫌気が指して近畿道は長原ICでさっさと離脱し、後は中央環状線をダラーっと流して午後7時頃にアパートへと帰着。総走行距離は338km、燃費は約17km/Lと言う1stツーリングは幕を閉じました。

初っ端から雨に降られたり、濃い道を走らされたりと、いきなり前途多難と言った感のある2代目隼での1stツーリングでしたが、その圧倒的な存在感、そして刺激的な乗り味は初代より格段にパワーアップしている事を実感出来、収穫の多い物となりました。やはりこのマシンに復帰して良かったと心底思います。
あと、出発から帰着まで全く尻が痛くならなかったのには正直驚きました(w。多分座面の広さとクッションの程好い硬さが絶妙の融合を見せているんだと思いますが、これだとハンドル位置さえ修正すれば1日1000km程度の巡航も余裕でこなせる最強ツアラーが出来上がるかもですwww

とりあえず次回のツーリングは早くて12月2日ですかね。
既に冬季閉鎖の道路も出ている筈なので、行き先はかなり限られそうですが、例え寒くても200km前後のプチツーくらいはこなせたらと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

乙であります。

それにしても、この界隈のバイク乗りは、買ってすぐのメガスポーツをいきなり恐ろしい道へ突撃させますなw

奈良の某氏の平石峠と言い…


来年春には、何とか私も乗り換えられるようにしたいと思ってますので、お互いに御披露目オフと逝きたいですね。

車種は絞られてきたので、あとは資金という最大のハードルですw

遅レススマソ

初代での反省を踏まえて、2代目はネコ可愛がりしようと思っていたのが…気がつけばと言うヤツでw
あの辺の舗装林道はやはりホイホイと入って行くものじゃないですな…

にうマシンの方、禿しく期待しております。
個人的にはF800GS突撃に一票www
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。