スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月2日のツーリング(隼) ~紅葉、間に合いました~

突発Cafe Racerから一夜明けた日曜日は朝から快晴。
と言う事で、2代目隼による2ndツーリングに出発です。

行き先は色々と思案した結果、美杉~青山方面へと決定しました。
ちなみに比較対象に上がっていたのは彦根城(爆)。ええ、ひこにゃんに会いに行きたかったものでねwww
結局距離が結構遠い&高速道路ばかり走る羽目になるので断念しましたが、とりあえずひこにゃん存続は決定したので楽しみは春になって暖かくなるまで取っておく事にします^^;



出発は9時40分頃。洗濯に時間を食って遅くなっちまったw
いつものように近畿道~西名阪~名阪国道のルートで東へと進路を取ります。
途中道の駅『針テラス』で08隼を見せびらかす為小休止…していると何たる偶然か、08隼@白がやって来たではありませんか!
残念ながらオーナーさんとのコンタクトはありませんでしたが、初めて私以外の人が乗る08隼を目の当たりにして微妙にテンションが上がる私でしたw

休憩が終わった後はR369をマターリと南下し、曽爾村・御杖村を経由して、奈良県から三重県へと入って行きます。すっかり改良が進み、快適2車線路に変貌を遂げたR369は適度なアップダウンとコーナーが実に楽しいです(^^)


071202-1.jpg
r81との分岐を過ぎて直ぐの辺り、曽爾村と御杖村の村界近くにて。
これはごく普通の採石現場ですね。


071202-2.jpg
しかし振り返ってみると、紅葉と緑のコントラストが美しい山肌が広がっています。
この対比が何となく面白かったのでつい撮ってみた次第です^^;


御杖村に入り、道の駅『伊勢本街道御杖』でWC休憩。いや、ここまで来ると結構寒くてどうしてもトイレが近くなるのですよ(;´∀`)
ここは日帰り入浴可能な温泉施設も併設していますが、今回は時間がまだ早い&そもそも用意を持っていないと言う事でスルー。て言うか私が今使っているツーリングマップル、この道の駅が載ってません。どんだけ古いんだよwww
いい加減買い換えないと…(汗)

WC休憩を終えて更に先へ進むと、すぐにJR名松線・伊勢奥津駅の隣へと出ます。
この伊勢奥津駅には3年ぶり(前回はダカールで)の訪問になるのですが、何時の間にか綺麗な駅舎に生まれ変わっていてちょっと驚きです。


071202-3.jpg
とてもワンマン運転のローカル線の駅とは思えない立派な規模の駅舎です。
内部を詳しく鑑賞する為にも、今度は10数年ぶりに列車で訪れてみるのも面白いか?


伊勢奥津駅を後にすると程無く飼坂トンネルに進入します。ここを通る度に思い出すのが、15年前の1992年の夏に行った伊勢日帰りツーリングです。当時はまだトンネルが完成しておらず、飼坂峠は分断区間となっていて私は愛機のセロー225で飼坂峠の北に位置する比津峠を越え、大阪へと向かったのでした。
そしてこの後走る事になる仁柿峠も、改良が進む現在とは違いその当時はまさに酷道の名にふさわしい様相を呈していて、まだ変態色に染まっていなかった(w)若い私は半泣き状態で必死にガードレールすら満足に無い峠道を走っていた事を今でもよく覚えておりますwww

話を元に戻しましょう。
飼坂トンネルを抜けると、すぐに道サイトでも良く取り上げられているR422庄司峠分断区間へと誘う『R422 丹生俣以遠通行不能』の電光掲示板が目に入って来ますが、今回はそれが目的では無いので華麗にスルーします。て言うかさすがにあの端点へ隼で突っ込む気にはなれまへんw
また、いつもこの道を走る時は大抵休憩して行く道の駅『美杉』も、今回は既に一つ前の御杖で休憩を済ませている関係でスルー。そのまま仁柿峠越え区間へと突入する事になります。
快適な2車線区間が終わると、いよいよ仁柿峠越え開始です。相変わらず路面の状態は凸凹が結構あって悪く、また全線ほぼ1車線の狭い峠道のくせに結構な量の対向車が来るので、道中は全く気が抜けません。と言うより、そもそも酷道走行で気など抜けば即シボンヌですなw


071202-4.jpg
峠越え区間の途中、旧型おにぎりの前で記念撮影。
ここの他にもう一本、新型おにぎりが立っている場所がありました。と言う事で仁柿峠越え区間のおにぎりは計2本でFA?


同じような感じのウネウネした酷道区間を慎重に走行する事10数分、人家が見えて来ると共に仁柿峠越えの任務は無事完了しました…っていつ峠通ったの?全然気付かんかったよorz
と言う事はそこまで気付かない位に峠の風景が変わってしまっていると言う事なんですね…何となく複雑な心境です^^;
あ、『単にお前の注意力が散漫で気付かなかっただけ』と言うツッコミは却下しますのでw

仁柿峠を越えた時点で既に正午過ぎと言う事で、そろそろ腹の虫も騒ぎ始めていたのでR166沿いの道の駅『茶倉駅』で昼食タイム。中華丼と餃子を注文したのですが、中華丼はともかくとして餃子がかなり美味かったっす。ちょっと歯応えのある皮と、ぎっしり詰まったコクのある餡は病み付きになりそう。売店で売っていなかったのがつくづく惜しまれますw
ついでに中で働いてる女の子がやたら可愛かったっす(;´Д`)ハァハァ

その後缶コーヒーで一服し、施設内にある展望台に上って軽く周囲の景観を楽しんだ後、次なる目的地である青山高原に向けて出発。ちなみに展望台に上っている最中、ウチの隼は見事に晒しage状態ですたw
とりあえず青山高原へは、R166~三重r29~同r664~R165~青山高原道路と言うルートでアプローチを図ります。三重r29は同r30との交点までは快適な2車線路でしたが、それ以降清水峠を越えて同r43との重複区間に入るまでの区間はまぁまぁの険道っぷりで少し楽しめました。とは言ってもかつて初代隼が地獄を見た同r755には及ぶべくもありませんがw


071202-5.jpg
三重r29・清水峠。何も無い静かな峠です。


071202-6.jpg
左奥のポール、本来あるべきものがありませんね…^^;
まさか県道指定を外されている、と言う事は無いでしょうがw


r43との重複区間が終わり、再びr29単独区間へ入ります。
程無く進むと君ヶ野ダムのダム湖畔を走るようになるのですが、この辺りはまだ色濃く紅葉が残っている場所が多くあり、思わぬ目の保養になりました。あまり知られていないせいか、またはアクセスが良くないせいか、シーズン中の休日でしかも快晴と言うのに訪問客の数は少なく、ある意味三重県での紅葉見物の穴場的スポットと言えそうです。


071202-7.jpg
r29・君ヶ野ダム湖畔の駐車場にて。
あまりにも鮮やかな紅葉にひたすら感動。


071202-8.jpg
ダム近くの休憩所のような場所。
こんな所で紅葉を眺めながら一杯、と言うのもオツなもの…って車かバイクで無いとまず来れないの場所なので実現は無理ですなw
それにしても鮮やかな赤色です。


071202-9.jpg
丁度君ヶ野ダムの真下を県道が通っていたので記念撮影w
この巨大な建造物の前では、さすがの隼と言えども本当に小さく見えてしまいます。


君ヶ野ダムから離れた後は、r15重複区間~r664と繋ぎ、近鉄東青山駅近くでR165(初瀬街道)に合流。そのまま国道を暫く西進し、青山トンネルを出た直後の分岐から青山高原道路へと入って行きます。
高原道路に入って直ぐの所にあるr755の分岐は、初代のリベンジに逸る気持ちをグッと抑えてクリア(w。そのままワインディングを流しつつ、徐々に高度を上げて青山高原の中心部へと向かいます。時間が遅めだったせいか遅い車に詰まったり、走り屋さんに煽られたりする事も無く、マイペースで気持ち良くワインディング走行を楽しめてウマーでありました。こう言う時はやはり隼の前傾姿勢がズバッと決まりますね。
そして既に日も傾きつつある午後3時半頃に、この高原では恐らく一番の休憩・鑑賞スポットとなるであろう、久居榊原風力発電施設にようやく到着しました。現地は風が強くてとにかく寒かった!


071202-10.jpg
林立する巨大な風車群。何時見ても迫力のある光景です。


残念ながらこの日は全般に霞がかかっており、眺めももう一つ。
と言う事で現地ではWC休憩のみに止め、10分ほどで早々に撤収を計りました。
さぁ後は帰るだけなのですが、行きと同じ道を通って帰るのは何か芸が無さ過ぎると感じ、北回りのコースを選択する事に。この場合だと青山高原道路を終点まで走り、r28経由でR163へと抜けるのが一般的なのでしょうが、今回私は大型車最終転回場近くから分岐する舗装林道(たぶん)に入り、その後r2を経由してR163へと抜けるルートを選択。過去に二度走行経験のあるこの道は途中馬野溪と呼ばれる景勝地を通るのですが、ここが実は先程の君ヶ野ダムのような隠れた紅葉の穴場でして、最盛期にはそれはもう見事な風景が沿道一帯に展開されるのです。
ただ今回はやや時期が遅めと言う事で紅葉も大半は終わっており、ちょっと消化不良気味でした。またあまり整備が行き届いていないのか路面も全体的に荒れ気味で、のんびり紅葉を眺めながら…と言う感じには程遠かったです。まぁ隼での酷険道走行のリハビリ代わりになったと解釈しておく事にしますかw


071202-12.jpg
ほぼ全線に渡って狭い上に、落ち葉や小枝の散乱も多く、ペースは上がりません。
また日が当たり難いせいか苔むした場所も多く、走行にはかなり神経を使いました。
過去2回の走行時よりも荒れ具合が激しかった気がします。


071202-13.jpg
何とかまだ残っていた紅葉をバックに小休止がてら、記念撮影。
何か隼だけが妙に浮いているのは気のせいか?www


馬野溪で紅葉をしっかりと目に焼き付けた後は、r2からR163と繋ぎ、名阪国道へ。
時間も既に午後4時を回っており、後はまっすぐ大阪まで帰るのみ、の筈が…


071202-15.jpg
何 故 私 は こ こ に 居 る の か w


奈良r192福住横田線、久々の走行です。実に3年ぶりくらいかな?
完全に日が落ちたら諦めてそのまま名阪国道で帰るつもりでしたが、ギリギリのラインで踏み止まってくれたのでつい突っ込んでしまいましたw
だって福住の大カーブってあまり好きじゃないのよね~。どっちの車線を走っててもしょっちゅうDQNカーが煽ってくるし(苦笑)
ちなみにこの写真の撮影直前に一台の四輪が先へ進んでいます。実はその四輪、どうも混雑気味の名阪国道を避けてこの県道に突っ込んで来たらしく、この手前の桜峠で停車して進むか引くか迷っておられた模様だったのですが、私が何の躊躇いも無く追い抜いて先に進んだのに勇気づけられたのか?すぐさま後を追いかけて来たと言う次第でありますwww
その後先へ進んでも遭遇しなかったと言う事は、きっと無事に下界へと降りる事が出来たのでしょう。もしかすると同業者だった可能性も否定出来ず…w


071202-16.jpg
例の地蔵はやはり県道の安全には興味が無い模様w


r192-8.jpg
ちなみに4年半前に初代隼で突入した際にはこんな帽子を被っていました。何時の間にか追い剥ぎされたのか?(爆)


さて久々の福住横田線ですが、全体的には殆ど雰囲気は変わっていませんでした。
桜峠の前後や岩屋集落のバイパス分岐手前の道はやや荒れ気味なのを除けば、狭くて急勾配なのを辛抱すれば普通に走れます…ってそれが一番問題なのかw
あと、所々に改良(と呼べるかどうか怪しいですが)点があったり。


071202-17.jpg
砂防ダム手前にかかる橋にあった案内。
以前のような木製看板ではなく、何時の間にかガードレールに手書きとランクダウンしてますたw


071202-18.jpg
その代わり、少し進んだ先にこのように新しい青看板が。
福住~岩屋の険道区間で正式な県道表示が出たのってこれが初めてでは?


さすがに険道区間を走り終える頃にはすっかりと日が暮れていたので、後は天理東ICから大人しく西名阪道に入り、そのまま近畿道東大阪南ICまで爆走(と言っても慣らし中なのでぬふわkm/h以上は出せませんでしたがw)。午後6時過ぎに無事アパートへと帰着し、この日のツーリングは終了と相成りました。
走行距離308km、燃費は約17km/Lと言うのが今回の数値です。途中の低速走行を考慮すると、燃費はまぁ良い方なのではと思います。排気量から考えたら上出来でしょう。

今回のツーリングは紅葉絡みでのんびりと流して走る事を目的にしていたはずなのですが、気がつけば何本か怪しげな道に行ってしまってますね。2代目隼には初代のような悲惨な体験はさせず、猫かわいがりしようと心に誓っていた筈なのですが、俺の意志テラヨワスwww
まぁでもこの位のレベルの道は走れるようになっておかないと、正直地方へロングツーリングに行った際にルーティングの自由度が少なくなって困ると言うのもあるのですが。
とりあえずダートにさえ突っ込まなければ宜しいでしょう(w。そっちの方は奈良県の某乙乙尺1400海苔の人に任せますたwww

さて、次の土曜日には初回点検ですな。
これが終われば日曜日にまたツーリングですかね。
慣らし第一段階も終わりましたし、より楽しく走る事が出来そうでwktkであります。


やっぱり隼は最高だぜい!翌日筋肉痛で苦労するけどなorz

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はっはっはヽ(゜∀゜)ノ

やはり突っ込んでしまいましたかw
さて、

こっちの世界へはよオイデ щ(゚Д゚щ)

>中で働いてる女の子がやたら可愛かったっす(;´Д`)ハァハァ
これがもとで、東北の道の駅とかで無駄に休憩が長くなったりするんですよね~(爆)。

No title

どうもご無沙汰っす。昨日の忘年会の酔いが残って頭が痛むRoyです。。。つーか、たまにしかやってこなくってなんか恐縮です・・・

いやあ、隼復帰したんですねえ。それも当然のごとく最新型。おめでとうでございやんす。乗ってみてどうですか?はやくも満喫されてるようで何よりです。どちらかというとロード寄りの私はロードスポーツに戻ってこられて嬉しい(偏った奴

ちなみにうちも10Rに乗り換えか?とかいう案がありましたが、結局そんなこともなく現在6Rを車検に出しております。プラグ→イリジウム化、ステップ→バックステップ化、フォークオイル交換など結構ヘビーな作業を依頼してしまったのでしばらく10Rには乗り換えられません(笑。まもなく会社の寮を出ないと行けないので10R/ZZR乗り換えは当分なさそうです^^;

んではまた~。久し振りにツーリングご一緒したいもんです*´ω`)いや、ほんとに。

No title

●奈良県の某乙乙尺1400海苔の人
早速の釣られクマーに感謝w
そして昨晩は乙ですたwww

>こっちの世界へはよオイデ щ(゚Д゚щ)
いや、でもボク変(ryじゃないし~(白々)
とりあえず勾配の無いフラットなダートを500m以内くらいならいつでも(チキソ

>おにゃのこ
何時の日かフラグが立てば…と思うんですが、如何せんもうトシがねぇorz
もう数年したら親子レベルにまで差が開いてしまいますからな(滝汗)

●Royさん
おぉ~お久し振りでございます(^^)
そうなんですよ~突発的に復帰してしまいまして^^;<隼
元々もう一度乗ってみたいと言う思いは常日頃からあったのですが、ここに来てのフルモデルチェンジと騒音規制強化の流れに押されてしまい、ついホイホイと契約してしまいますたw
新旧モデルの比較ですか…まぁ乗っている人間がアレなので細かい点などは正直分からんのですが、今の所体感出来たのは排気音が静かになったのと、3000rpm前後のトルクの谷が無くなって全域でフラットに吹け上がる感じになっている点くらいですかね?
逆に少し大柄&重めになった影響で、取り回しが若干悪化した感はあります。特にマフラーがかなり大きめになったせいで、狭い場所でのすり抜けや駐輪に必要以上に神経を使う羽目になったのがちょっとシンドいですね。予算に余裕が出来ればマフラー交換も考えたい所ですが、果たして何時出るのやら…^^;

そちらの6Rもまだ見ぬ間に更なる進化を遂げているようですね。
て言うかまさか10Ror乙乙尺化プランも出されていたとはw
個人的には周囲で誰も乗っていない10Rを期待したい所です(゚∀゚)
後は中古で12Rとか…www

年が明けて暖かくなったら、是非一度お互いのマシンお披露目を兼ねたツーリングオフをやりましょう!
丁度京都のXR海苔の人も春頃に乗換えを検討されているので、上手く行けば3人揃ってのお披露目ツーリングになるかもですよ?w
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。