スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い列車で青い森へ~ブルートレインで行く青森の旅(後編)~

全3編の長きに渡ってお伝えして参りました青森旅行のレポも今回で最後となります。
今回はベイブリッジ~アスパム間の散歩とセガワールド青森への出張足跡付けアイマス、そして帰りの足である『日本海』の簡単な乗車レポと言った内容です。これまでの2編と比べると内容的には物足りないかも知れませんが、宜しければご覧になって下さい^^;



八甲田丸の見学を終え、外に出た時点で時刻は午後2時頃。当初の予定より1時間以上オーバーしている計算になります^^;
本来ならこの後はねぷたの里見学→ベイブリッジ散歩→セガワールド青森で出張アイマスと言う予定を立てていたのですが、これらを全て行うとなると帰りの『日本海4号』の発車時刻にギリギリ間に合うかどうかと言う微妙な事態になって来そう…と言う事で少し考え直した結果、涙を飲んでねぷたの里は諦める事と致しました。センチスポットを切り捨ててアイマスを選んだと言う行為には、今回の旅の目的や動機に反すると少なからず非難の声が集まりそうですが、何しろ地方のアイマス設置店舗など何時撤去されてもおかしくない状況下にあるので、行ける時に行っておかないと駄目なのですよ(;´Д`)
(撤去どころか、当該店舗自体が1月31日をもって閉店になるそうです)→参考頁
その点、ねぷたの里は余程の事が無い限り無くなったりしないでしょうから^^;

と言う訳で時間も押し迫っているのでさっさと行動を開始します。
とりあえず一旦駅前へ戻り、そこからベイブリッジのアスパム側入口を目指して歩いて行く事になるのですが、八甲田丸周辺にもいくつか目に留まるものがありまた時間を浪費してしまいます^^;


071124-21.jpg
八甲田丸の中だけでなく、外にも展示されていた車掌車と控車。
但しこちらの車掌車は船内で展示されていた物とは形式が違うようです。(ヨ3500形か?)
本当なら青森駅から堤防の先端に向かって伸びている後ろの線路の車止めを撮りたかったのですが、ご覧の通りの積雪で断念…orz


071124-22.jpg
キハ58or28の廃車体を利用した休憩施設。
車内は座席の半分がグループの休憩用としてテーブルなどに改造されていました。しかし最近は何らかの理由(治安悪化か)で長らく供用を停止している模様で、車体の腐食は目を覆うばかり…正直直視出来ませんでした(泣)


071124-23.jpg
と言う事でお口直し?に、EF81@カシオペア専用機です。 
偶然にも青森駅のホームに入線していたので、思わず道路から強引に撮影してしまいました^^;
そしてこの旅行から丁度1ヵ月後、管理人はめでたくカシオペアの個室の確保に成功。
この時は遠くから見守るだけだったこの機関車にも、もうじき実際にお世話になる時がやって来ます(゚∀゚)ワクワク


そんな感じでまた写真を撮ったりして寄り道してたものですから、更に時間が押してしまい…(汗)
と言う事で歩道にも雪が残る悪条件の中、ベイブリッジ目指しててくてく歩いて行きます。
そして何度かスリップダウソしそうになりながらも、ようやくベイブリッジのアスパム側歩道入口に到達。こちらはラブリッジとは違い、歩道も綺麗に除雪がされていて通行には支障の無い状態になってたので思わず一息付きます。もしここもアウトだったらもうHPがゼロになる所でしたw
そしてある程度まで橋を上った所で撮ったのが下の一枚。


071124-24.jpg
ゲーム内で日中にベイブリッジへ移動した際の背景と同じアングルのつもりで撮ってみたのですが、どうも手前過ぎたみたいです_| ̄|○


さて、目的の写真を撮った後はさっさと来た道を引き返す事にしますw
『ここまで上ったんなら渡り切れよ!』などと言うツッコミが飛んで来そうですが、それだと駅から少し遠い場所に出てしまう&裏手に出てしまうのでこの後の行動に支障が出るのですよ^^;
ともかく橋上から地上に復帰した私はまた青森駅へ戻り始めますが、俄かに腹の虫が泣き始めた為に食い物を求めてアスパムへ寄り道する事に。すると丁度良いタイミングで露店が出ていまして、早速私は大きな焼きホタテとイカの姿焼きを買い求めてパクパク。焼きホタテは殆ど味付けなしの状態でしたが、海水の塩分で丁度良い加減の塩味になっており、文句無く(゚д゚)ウマー。イカの姿焼きの方は運悪く作り置きの物に当たったものの味自体は申し分無し、しかもそこいらの露店でたまに売っているものの軽く1.5倍はありそうな大きさで300円と言う安さで、至って満足した私でありました。ビールが欲しくてたまらんかったぞw
さぁ腹も膨れた所で今度はアスパムの中へ…と行きたかったものの、それをやると時間的に出張アイマスが厳しくなるのでここも泣く泣く断念する羽目に(;´Д`)
もうちょっと綿密な計画を立てる必要があったかも知れませんなぁ…と言うよりそもそも丸一日では足らなかったのかも?次回の訪問、いや帰郷(激爆)の際には最低でも1泊はする必要がありそうですね。

斯様な事情でアスパム見物を断念した私は再度青森駅前へ。時刻は既に午後4時を回っており、そろそろ辺りも薄暗くなって来ました。ここからは市営バスに乗り、今回の旅行で最後のセンチスポットとなるサンロード青森(ゲーム内ではサンセット青森)へと向かいます。ここではセンチスポット巡礼と同時に、サンロードの直ぐ近くにある本州最北端のアイマス設置店舗、セガワールド青森でのアイマスプレイも行う予定。ですがどうやら時間の関係上せいぜい3クレジット程度しかプレイ出来ない模様です。とりあえずブーストが来ているユニットを優先に動かすとします^^;
バスターミナルではサンロード青森の前を通る路線がまるで分からず四苦八苦しましたが、路線図と携帯でアクセスしたアイマス設置店舗情報Wikiの両方を交互に調べ倒して何とか該当路線のバスに乗る事に成功。およそ15分でサンロード青森前の停留所に到着しました。
停留所を降りると道路の向かいにサンロード青森の建物を確認。『アカチャンホンポ』の広告が入った以外はほぼゲーム登場当時と変わらぬ外観を保持していました。早速撮影を…と行きたい所ですが、ここはグッと堪えてまずはセガワールド青森へと向かい、本州最北端のアイマス設置店舗に足跡を残すことにします^^;プレイ内容の詳細はこのブログの趣旨とは外れますので割愛しますが、とりあえずオーデは負けずに済みましたw
で、初めの方にも書きましたがこのセガワールド青森は1月31日を持って閉店するそうです。まぁ多分移転に伴う閉店準備だと思うのですが、アイマスが継続設置されるかどうかは微妙な所、と言うより恐らくそのまま撤去の可能性が高く、どうやらこの店でのプレイはこれが最初で最後になりそうな気配であります。

さてプレイも無事終了したので、帰りのバスの待ち時間を利用して改めてサンロード青森の撮影に参ります。横断歩道の近くに立って一眼デジを取り出し撮影する姿は、はたから見れば結構不審人物っぽかったかも知れません(汗)


071124-25.jpg
フラッシュ+現像時補正かけまくりで、何とかサンロードの表記が見えるレベルまで持って来れました^^;


撮影が終わった後は大人しくバスに乗って青森駅に戻ります。
日本海4号の出発まではまだ1時間ちょっとあったので、この間を利用してちょっと早めの夕食をとる事に。入ったのは駅前通りにある長内食堂(多分^^;)と言う、居酒屋併設の大衆食堂です。
メニューは結構豊富で、ボリューム満点のチキンカツカレーにも心が動かされた私でしたが、折角青森に来たのだから出来れば地元の特産品をと言う事で、名前は忘れましたがホタテとウニを鍋焼風にした料理の定食を注文。想像していたよりホタテもウニもタップリと入っておりボリュームに不満は無し、1000円ぽっきりと言う値段も大いに満足する所でした。是非、次回訪問時にも立ち寄りたいと思います。
食事が終わった後は青森ラビナ(ゲーム内では青森リビナ)に立ち寄り、会社の連中へのお土産を購入。そして青森駅構内のキヨスクで晩酌用の缶チューハイとつまみを買い込んで、いよいよ帰りの足となる日本海4号の待つホームへと向かいます。
日本海4号は1番線に到着していました。出発は19時33分ですが、私がキヨスクで買い物をする前に既に入線のアナウンスが流れていた事から、19時過ぎには入線しているものと思われます。何てカメコに優しい時刻設定なんだろうw


071124-27.jpg
1番線で出発を待つ日本海を最後尾から。
客車は24系25形が充当されております。


071124-26.jpg
日本海の居るホームとは反対方向の2・3番線に停車中の電車もついでに(w)撮影。
前日も撮影したE751系『つがる』と、リニューアル485系『いなほ』です。て言うかヘッドマークが盛大に白飛びしてるので説明が無いと何の列車か分かりませんね(汗)


なお、残念ながら機関車の方は立入禁止エリア内に停車していた為、撮影は不可能でした。
ヘッドマークを付けた勇姿をカメラに収めたかったのですが…

撮影が一通り終わると、いよいよ乗車です。
この日本海4号では大奮発してA個室寝台・シングルデラックスを確保しているだけに、あけぼのの時よりも漲り度合いは春香に上回っておりますw
と言う事で早速自分の個室にイン!さぁ荷物を降ろしてまずは室内の撮影を…と思っていた所に車掌さん登場。あぁ検札ですかと思いきや、唐突に『この部屋は暖房が故障してまして…』と一言。うはwww
その後復旧を試みるも効果無く、結局私は当初の2番個室から空きの10番個室へ左遷される事となったのでした(w。まぁ今回は運良く空室があったので笑い話で済ませられましたが、もしこれが年末年始の超繁忙期だったらどうなってだろうと考えると、それだけで文字通り身が凍る思いでした(((((;゚Д゚)))))
つか、前日に青森に着いた時点で出発までにちゃんと修理しておかないと駄目なんじゃない?
この辺りにJR西の寝台列車に対する放置ぶりが伺えてなりません('A`)

とりあえず案内された10番個室はちゃんと暖房が効いていたので一安心w
と言う事で今度こそ荷物を降ろして記念とばかりに室内を撮影する事に。


071124-28.jpg
個室入口から室内を撮影。
正直中堅ビジネスホテルのシングルルームよりも狭い室内ですが、それでも開放型B寝台に慣れている身にとってはとても広々としたものに映ります。
ベッドの広さも十分ですし、何よりも頭上を気にせずに立って着替えが行えると言うのは有難いです(笑)


071124-29.jpg
個室備えつけの洗面台とテレビモニター付きAV装置。
洗面台の上にあるポーチには洗面やシャワーの際に使うアメニティグッズが入っています。
AV装置では映画と音楽が楽しめるようになっていますが、こちらも調子が悪いのか映画のみ(ミッション・インポッシブル)しかチャンネルが生きていませんでした('A`)
なお昔は手持ちのビデオテープもここで再生出来たそうで、つまりその気になればジャーニー12話を走行中ぶっ通しで見続ける事だって出来た訳ですなw


室内の撮影を終えて少し寛いでいると発車時刻に。
これから素晴らしいA個室の旅が始まると言う期待で胸が膨らみますが、同時に遠ざかる青森の街の灯りを見ていると、言い様のない寂しさにも駆られ…^^;
まぁ乗っている列車が列車なだけに、さすがに次の駅で降りて引き返すような真似はしませんでしたが(謎)

とりあえず個室の窓に流れる風景を肴に晩酌を開始。しかし外は真っ暗or真っ白(雪でね)のどちらかで、結構退屈する羽目に(w。旅行中にDS-Liteのソフトが買えなかったのがここに来て堪えました^^;
仕方ないのでAV装置のスイッチを入れ、『ミッション・インポッシブル』を見つつちびちびとチューハイを呷ります。映画が終わり羽後本荘くらいまでは起きていたみたいですが、日付けが変わる前には眠りに就いていたようです。
その後午前4時前に一度目が覚めます。外を見るとどこかの駅の構内。
時間で言うと丁度直江津駅到着くらいで、最初は私もそうかと思ったのですが、どうも様子が変。
で、良く見てみるとやはり違う駅で、直江津の一つ手前の黒井駅でした。となると運転停車かなと思ったのですが、この辺りは複線区間ですし、後一駅で直江津到着と言うのもタイミング的にはおかしいなと疑問を抱きます。しかし如何せんまだ朝方だった為、それ以上は深く考えられずに再び眠りに就いたのでした。

次の目覚めは金沢駅到着手前。行きの『あけぼの』と同じく、車内放送再開と共に起きる格好になりました。そしてここでようやく、黒井駅停車の真相が明らかに…
何と、直前を走る貨物列車の機関車が故障した為の緊急停車だったそうですw
往復でトラブル発生かよ('A`)
しかもこの時点で既に30分程度の大幅な遅れが生じており、更に今後遅れは増大する一方だとか…乗り継ぎ等で先を急ぐお客の為に福井からは『サンダーバード』への振替輸送の手配を済ませているそうですが、先を急ぐ必要の無い私は完全スルー。わざわざ混雑すると分かってる自由席に飛び込んで行くメリットがまるで無いですからなw
むしろより長い時間A個室の旅を楽しめる事に対して喜びすら感じていたりwww

列車はその後、車掌さんの予告?通り順調に遅れを拡大し、京都到着時点ではとうとう1時間半の遅れにまでなってしまいました(w。新快速とサンダーバードがVIP扱いされる中、まるで邪魔者扱いされるかのごとく徐行運転や待避を強いられる日本海カイワイソス('A`)
そして正午前、ようやく終着・大阪へと到着。青森を前日19時33分に出発してから実に16時間半にも及ぶ長い旅がようやく終わりました…って首痛いよ('A`)ウボァー
どうも二度寝の際に寝違いしたっぽいorz<ちなみにその後1週間治りませんでしたw

その後は日本旅行でカシオペア寝台券の『予約の予約』をあっさり断られて少々凹むと言う事態があったものの、それ以外は何事も無く午後1時半頃には無事帰宅。ブルートレインだけで2泊、往路東京までののドリーム号も含めると3泊、全て車中泊の3泊4日と言う強引極まりない旅行は、多額の出費と思い出と共に幕を閉じたのでした^^;

出発前に計画を立ててみたものの、あまりにも費用が嵩みすぎる故に自重も考えた今回の旅行でしたが、結果として出費に見合うだけの良い思い出が沢山出来た旅になったと思います。やはり寝台列車の旅には、費用や効率と言ったものを超越した高揚感や楽しさが得られるものだと少なくとも私は感じた次第です。例え一般の人々にプギャーされようとも、これだけは断言できますw
青森観光ではラブリッジとねぷたの里、そして新町通り(今回は歩く事すらしませんでした…)と言う宿題も残ってしまった事ですし、年内に再度日本海のお世話になる可能性も十分あると言っていいでしょう。或いはまた東京経由で『あけぼの』と言うのも面白いかもしれませんねw

と言う事で、この辺りでそろそろレポを終了とさせて頂きたく思います。
重さに耐えて最後までご覧になって頂いた皆様、有難うございましたm(_ _)m


(おまけ画像)

080122.jpg
『日本海』の個室カードキーとシャワーカード。
これから出来るだけ多くの列車のカードを集めて行きたい所ですが、金と暇があるかどうか^^;
まずは25日のカシオペアですな♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>往復でトラブル発生かよ('A`)
高校の修学旅行で、行きは地震により新幹線指定席→在来線振替によりすし詰めで立ちっぱ、帰りは台風で旅館に缶詰め&岩屋~明石のフェリーtが欠航寸前(当時明石大橋は工事すら始まってませんでした)という、散々な大歓迎を自然からいただきましたが何か?
今振り返れば、あれは何かの暗示だったのだろうか・・・。

その時の添乗員さんの悪戦苦闘ぶりをはた目で見て、「ツアコンにだけはなるまい」と固く思った私でした。
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。