スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年GW顛末記その2 ~銚子電鉄に乗ろう!~

4日未明から朝7時過ぎまでほぼ一睡もせずに頑張ったアニステ秋葉原定例オフ。
さすがにお暇した後はまっすぐホテルへ戻り、昼頃で爆睡するつもりでいたのですが、房総の潮の香りに誘われて…w
秋葉定例オフから離れ、UDXの駐輪場へ戻って来たのが午前8時前。
後は必要最低限の荷物だけ抱えてホテルへ戻り、清掃の時間を延ばしてもらって昼頃まで仮眠するだけ…
だった筈が、どう言う訳かホテルとは反対方向の品川方面に向かう山手線に乗ってしまった私マー(ry
更に東京駅で降りた後は一路地下ホーム(横須賀線・総武本線発着)へと向かう私m(ry
とどめにホームで銚子までの自由席特急券を買ってしまうわt(ry

…はい、またやってしまいました突発鉄旅行w
今回は全国的にも有名な房総のローカル私鉄、銚子電鉄がターゲットとなりました。
ニュース等で報道される度に一度乗りに行かねばと思ってはいたのですが、なかなか機会に恵まれずにいたので、今回はある意味チャンスかな、と。


P1000102.jpg
銚子までの足となる特急『しおさい』に運用されているE257系500番台特急型電車。
何となく怒っているような顔に見えるのは気のせい?w


早めにホームへと入ったおかげで自由席には楽勝で着席。後は出発時間を待つばかり…
だったのですが、出発5分ほど前にいきなり車内が真っ暗に(w。空調もストップし、この時点で満員となっていた車内は一時騒然。車掌からのアナウンスではただひたすら『車両点検中』を繰り返すばかりで状況の詳しい説明も無く、空しく時が過ぎていきます(;´Д`)
結局出発時刻から10分以上が過ぎてからようやく発車。しかし遅れの原因については最後まで詳しい説明は無く、真相は闇の中へと葬られてしまいました(w。つーか、お詫びの言葉も良いけどまずは状況説明なんじゃないのかね、JRさんよ…
まぁでも急ぐ旅でもない事ですし、すぐに気持ちを切り替えて初乗車となるE257系で過ごす時間を満喫する事にし…ま…Zzzzz

そんな感じで、東京発車後は銚子に到着するまで殆ど寝てばっかりでした(爆)
車窓の風景も殆ど楽しめずじまい(汗)。何の為に頑張って早めに並んで窓際の席を取ったのか(泣)
やはり昨晩からの徹夜の疲れか…orz
とは言え、初めて乗ったE257系の印象は悪くはありませんでした。いやむしろ良かったと思います。
シート前後のピッチも十分でしたし、何よりも座面と背もたれがそれぞれ独立してスライドするリクライニング機構は秀逸。熟睡してしまったのもこれのせいだと言えるかもですw

銚子電鉄への乗り換えは改札を出る事無く、陸橋を渡ってホームを移動して行います。
銚子電鉄のホームはJRのホームの端に寄生するような形で設けられており、小さな屋根付きの改札口の中では銚子電鉄の社員さんが発券業務の真っ最中でした。とりあえず私は外川までの往復乗車券(約1割引)を購入しましたが、時間に余裕のある方なら610円の一日乗車券を購入し、犬吠埼などを観光しつつ銚子電鉄の旅を楽しむのが宜しいかと思われます。

10分ほどホームで待った頃、電車が入線して来ました。てっきり単行での運転かと思っていたのですが、実際には2両編成。う~ん、テレビやネットで見た限りでは単行運転のイメージが強かっただけにちと意外^^;


P1000103.jpg
先頭の車両はデハ801系。元は伊予鉄道の車両だったみたいです。
後ろの車両については後で紹介致します。


さすがにGWと言う事もあってか、観光客の利用が非常に多く列車はあっという間に立ち客含めて満員御礼状態に。身動きすらままならぬ車内で業務をこなす車掌さんはマジで大変そうでした^^;
やがて出発時刻になったので列車はゆっくりと銚子駅を出発。そしてツリカケモーターの音に(;´Д`)ハァハァ
その味わいのあるツリカケモーターの音を響かせながら、まるで自転車並みの超スローペースで走る電車。ついさっきまで乗っていた『しおさい』とはえらい違いですが、乗っていてどちらが楽しいと聞かれると、私は迷わず銚子電鉄の方を選ぶでしょう。とは言え、勿論E257系も素晴らしい電車である事には変わりありません。ただ、『楽である』と『楽しい』とは漢字こそ同じですが、また違うものなのです。


P1000104.jpg
木製の床がより一層レトロな雰囲気を醸し出します(゚∀゚)


P1000105.jpg
仲ノ町の車両基地に停まっていた、凸型2軸のまるでおもちゃのようなこの電気機関車はデキ3型。
1922年ドイツ生まれのレッキとした外車です(笑)。銚子電鉄のHPの車両紹介でこの機関車が単行で走っている写真がうpされているのですが、かなりらぶりぃでした(;´Д`)ハァハァ
後ろの電車は現在では予備車となっているデハ301型。昭和5年生まれの古強者ですが、かなり腐食が進んでいるのが残念でした…このまま廃車かねぇ(´・ω・`)ショボーン


銚子を出て約20分で列車は終点の外川へ到着。乗客の大半はひとつ手前の犬吠駅で下車しており、外川まで通して乗っていたのは私を含めて3割程度の人でした。まぁ確かに観光目的の人なら犬吠で降りる方が何かと便利ですからね。駅では名物のぬれせんべいも売っている事ですし。


P1000106.jpg
ちょっと珍しい連結部分の様子。自動連結器と密着連結器が何やらアダプタ?のような物を介して繋がっております。
少なくとも私は初めて見ますね。他にこんな形式の連結方法を採用している鉄道ってあるんでしょうか?


P1000107.jpg
こちらが私の乗ったデハ801型の前に繋がれていた車両。何処かで見た事のある電車だと思ったら、元営団(現・東京メトロ)銀座線の車両でした(形式失念)。
老朽化の為銀座線を追われたこの電車も、ここ銚子電鉄では主力車両として存在感を示しているようです。
しかし、車両とホームとの間がちょっと開き過ぎでないかい?(汗)


折り返しの電車までは30分近くありますが、外川駅の周辺には特に見るべき物も無さそうだったので大人しく駅舎の中で待機する事に。ただ駅に何枚か張られていた、美味そうなネタが写っている写真付きの寿司屋&食堂の広告はかなり気になりました。今度時間のある時には行ってみようw
外川駅の駅舎の方はこれまた木製のレトロな雰囲気の駅舎で、ここを舞台としたNHKの連続テレビドラマ小説『上月澪つくし』でも実際のロケに使われたとか。


P1000108.jpg
手書きの運賃表と手動の出札口が何とも言えない味を醸し出しています。
これで出て来る切符が硬券だったりしたら最高ですね。


P1000109.jpg
銚子電鉄の架線を撮影。一本しか電線が無いのはポール集電時代の名残?
しかしこうして見てみると、一見非電化路線にも見えなくも無いなw


P1000110.jpg
帰りの列車はデハ701系+塗装がリニューアルされたデハ702系のコンビでした。
私が乗ったのはデハ701系の方で、元近江鉄道の電車だそうです。


さて、帰りもツリカケモーターの音に酔いしれながら20分弱の旅を楽しんだ訳ですが、その最中にふと運転台の方を見てみると速度計が動いてません(爆)。運転士さんがスイッチを切っていたのが原因ですが、まぁこの鉄道のペース(最高時速40km/h)なら確かに速度計も必要ないかもですねw
そんな訳で往復1時間程度の銚子電鉄の旅を終え、銚子駅に帰還。
銚子鉄道は思っていた通り、のんびりとした雰囲気が心地良い味わいのある鉄道でした。今回は時間の都合でただ乗って帰るだけで終わりましたが、次回は時間に余裕を持って(出来れば銚子市内に宿を取って)、一日乗車券を使いつつゆっくりと沿線を観光しながら乗車してみたいと思います。HPを見る限りでは経営状況は楽観出来ない状態っぽいですが、観光に力を入れれば活路は見出せる気がするので存続に向けて是非頑張って頂きたいものです。


P1000111.jpg
銚子電鉄と同じ2番ホームに停車中だった113系総武線普通列車。スカ色タン(;´Д`)ハァハァ
横須賀・総武快速線から引退はしましたが、千葉から先の房総エリアではまだまだこのスカ色113系も現役を張っているようで嬉しい限りであります。


銚子からの帰りは上記の113系に乗ろうとするも時間的に厳しく断念し、結局行きと同じく特急『しおさい』の自由席で東京まで戻りました。その帰りの車内、行きで散々寝たので帰りは景色を見る為に起きていようと頑張るも、寝不足のダメージは大きくやはり千葉まで撃沈orz
この辺のリベンジも兼ねてやはり再訪は必至ですなぁ^^;

その後は錦糸町で中央・総武緩行線に乗り換えて秋葉原へ。アソビットシティでフロイラインリボルテックシリーズの春閣下を白黒両方確保した後、ホテルへと帰還しました。
しかし帰還後、緊張が解けたのか一気に風邪っぽい症状が現れてフラフラの状態に(汗)。
結局シャワーを浴びて飯を食うのが精一杯で、晩酌もせずに午後8時過ぎには撃沈…
明日は早朝からバイクに乗って大阪まで激走すると言うのに、こんなんで大丈夫なのか自分?(;´Д`)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウラヤマシス

乙枯れさんでした。だいぶ暴れたようですな^^;

E257-500氏は確かに怒ってますね。毎朝見ているものの、まだ一台も乗ったことが無いのですが、そこまで内装が良かったですか~。今度幕張から東京まででもいいから乗ってみますかねぇ~。

お休みちうでネタにはしませんでしたが、私も昨年末に銚子電鉄に乗りに行きました。ホント、あそこまでチャリンコ並に遅いとは思いませんでした。私は結局デハ801にしか乗れませんでしたが、色々見れて良かったっすね。つか、もう一回行くかな、、、

遅レススマソです(;´Д`)

秋の第3次北海道遠征計画の事もありますし、本当はじっとしていたかったんですがねぇ^^;<GW

E257の怒り顔はやはりネット上でも指摘がありましたw
JR北の特急用車両もそうなのですが、最近は目付きの悪いのがトレンドなんですかね?
あ、でも国鉄型にも旧塗装の189系と言うのがいましたなw

銚子電鉄は乗る事に関してはともかく、沿線の観光やくいもんの方でやり残した事が多々あるのでいずれリベンジしに行きます^^
今度は113系で行ってみるのもありですね。千葉~銚子間しか乗れませんけど^^;
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。