スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年5月17日のツーリング~原山峠・堀越峠旧道・泉富君尾林道~

気が付けば5月に入ってからDR-Zを一度も動かしてなかった(爆)
と言う事で久々に晴れの天気に恵まれたこの週末に林道ツー決行です。
そして今回はちゃんまつ氏より格安で譲って頂いたFOXのモトパンのデビュー戦というおまけ付きw

行き先は美山~若狭方面。
今回はダカール海苔の頃から目を付けておきながら、未だに走れていないと言う泉富君尾林道をメインに周辺のダート林道を数本走行する、と言う感じのメニューで参ります。
ちなみに丹波広域は今回は走りません。4月に行ったばっかりと言うのもありますが、何よりもアプローチ方法を詳しく知らないので単独では行けないとか(爆)
9時半頃に出発。ちなみに目覚ましのセット時刻は5時半orz
やはり何かしらの約束が無いとつい甘えが出て二度寝してしまいますな(;´Д`)

とりあえず近畿道~中国道~R176~R173と繋ぎ、ひたすら北上。
能勢のR173で無謀なパッシングをしたDQNなランエボにキレて一瞬追いかけるも、隣の車線を走っていたぜファー海苔の人の大人な対応を見て思い直し、普通に次の信号で前に出るw
ムカついたのは間違い無いけど、折角のツーリングをアホの相手をして潰すのも何だかなぁ、と思うので…漏れも少し大人になったのかな(苦笑)

と言う訳でひたすらR173を北上。途中からr12に入ってMEIに立ち寄ると言う手もあったが、カツ丼を食う時間でもなかったので回避w
天王峠を越えた所でR372に入り、更に兵庫r303へと出て原山峠に到着。本日最初のダート(林道ではないが)は、2年ぶりの訪問となるこの場所となった。もっと早く始動出来ていれば猪ノ子峠も経由出来たのだが(;´Д`)


080517-1.jpg
相変わらずひっそりとした峠の姿。


早速mixiで実況を、と思いきや見事に圏外になってくれる駄目駄目ソフバン┐(´ー`)┌
峠とはいえ、全くの山の中じゃないんだけどねぇ…近くには工場だってあるし。
そしてこの後もこの使えない子系ケータイには苦しめられ続ける事に…
さて原山峠のダートはと言うと、ぶっちゃけ2年前の走行時よりも荒れていた感じ。
特に溝の掘れ具合がきつく、DR-Zと言えども油断しているとタイヤを取られてやられそうな雰囲気だった。前回はタイガーの巨体でも何とかクリア出来たこのダートだが、今回も同様にタイガーで走る事になっていたら、高確率でズシャーニングしていたと思われw
どう考えても乙乙尺1400で走るような道じゃないよなぁ、と奈良県某所に向かって言ってみるテスツwww


080517-2.jpg
峠から降り切った所で出て来る幅広爆走ダートw
私もつい調子に乗って(以下自粛


080517-3.jpg
走り出す前に横手の害獣防止柵を見てみると…(((( ;゚Д゚)))
てか、感電して死んでる?
誰だ『突っついて確認しる!』とかのたまっているのはw


この後道の駅でミクシィ更新を兼ねた休憩を挟み、京都r19を北上。
更に殺伐経由で周山街道へ抜けて向かったのは堀越峠旧道。この日二本目のダートとなる(これまた林道ではないがw)。
こちらも先の原山峠と同じく2度目の走行となるが、初走行からの間隔はこちらが大きく上回る。何しろ2代前のセカンドマシンだったダカールの納車直後に訪れて以来だから、実に4年ぶりとなるのだ。


080517-5.jpg
堀越峠旧道入口。前回訪問時より大きな変更は無い。


080517-6.jpg
前回同様、京都府側の路面は総じてフラット。
峠にNTTの施設がある関係上、定期的に整備の手が入っているのだろう。


080517-7.jpg
堀越峠に到着。吹き渡る風の音が心地良いひと時。


峠からの下り、つまり福井県側の路面は前回走行時は結構荒れていたのだが、その後整備が入ったのかすっかり大人しくなっており、出口まで問題なく走行出来た。あちこちで森林の伐採跡があった事から、林業関係の車などが頻繁に出入りする為なのだろう。

堀越峠旧道を出た時点で既に午後1時になろうとしていたので、すぐ先にある道の駅『名田庄』で昼食タイムに入る。お目当ては勿論、名田庄名産のじねんじょをふんだんに使った名田庄そばである。残念ながらご飯類は全滅だったので、セット物は諦めてにしんそば(温)の大盛りを注文。十分に腹の中がパンパンになりますた(w。味の方も言うまでも無く良好、歯応えも良く、じねんじょの風味がしっかり感じられ美味しゅうございました。何か久しぶりに本物の『蕎麦』を食べた気分になったっす。この所は蕎麦と言っても殆どカップ麺ばかりだったからねぇ^^;

腹が膨れた後、食後の缶コーヒーを楽しむついでにミクシィの更新を…ってここでも圏外だぁ?いい加減にしろよ子系電!(怒)。安けりゃあ全て良しってモンじゃ無かろうよヽ(`Д´)ノ
仕方ないので更新は諦めて10数分ほど不貞寝(w)した後、本日のメインディッシュである泉富君尾林道へと向かう。ちなみに出発前、DR-Zの隣にkwskの新顔・Ninja250Rが停まっているのを確認。実物を見るのは初めてだったが、タイヤが細めな以外は結構大柄で存在感はあった。
あとひとつ気になったのは、タンデムライダー用と思われる半ヘルにハチプロデザインっぽい絵柄のステッカーが貼ってあった事。恐らくは違うと思われるが、もっと近付いて確認すれば良かったかなw

道の駅から周山街道を少し北上した所で福井r16へ。更にそこから福井・京都r1と繋ぎ、泉富君尾林道の入り口を目指す。この途中民家のある場所で携帯の電波を確認してみたが、やはり圏外。これはもうだめかもわからんね('A`)
やっぱ携帯替える時にメーカーも替えとくべきだったか…

結局いつものミクシィ実況が今回は殆ど出来ないまま、本日のメインイベントの舞台となる泉富君尾林道の入り口に到着。集落を突っ切った所にある、ちょっと分かり難い入り口だった。


080517-8.jpg
小さくて恐縮だが、写真右隅に『泉富林道』とある。
泉富君尾林道と言うのは通称で、実際には峠?を境に泉富林道と君尾林道に名称が分かれているらしい。で、北側から入る方が泉富林道と言うのだそうだ。
だから何?と言われれば返答に困るがw


さぁでは早速林道へ…と行きたい所だが、r1から林道入口までは実は府道指定されており(r487)、その行き止まりがツーリングマップルで見る限り、この林道分岐から少し先にあるらしい事を発見。つい調子に乗って探索に出かけてしまうw
しかし実際に足を踏み入れてみるとなかなか行き止まりに出ない。そうこうしている内に時間もどんどん押して来たので、結局適当な所で探索を諦めてUターンする事にした。道自体は狭いながらも比較的フラットなダートが続いていたので、もう少し行けなくも無かったのだが…
でもまぁ狭い場所で行き止まりだったりすると、大柄でかつトレール車の中ではヘビー級と言えるDR-Zだけに、不測の事態も起こり得るだろう。そう考えるとこの判断は正しかった…事にしといてください(汗)
これがスーパーシェルパだったら、多分構わず先に進んでいたと思われw

と言う事で林道入口まで戻り、改めて進入開始。一足先にヲサーン二人海苔のジープが突入して行ったので、少し間隔を開けてからの進入となったw


080517-9.jpg
この林道も堀越峠旧道同様にフラットな路面が続く。


080517-10.jpg
道中にはこのような見晴らしの良い場所も。
ちなみにバイクがある側に立つともっと素晴らしい眺望が広がっている。要は停めた場所が拙かったと言う事だ(汗)


080517-11.jpg
開通記念の石碑のある峠らしき場所に到着。
この石碑までが『泉富林道』で、ここから先は『君尾林道』になると言う訳だ。
だから何?と言(ry


石碑から先、君尾林道もフラットな路面が続いて快走出来る。
しかも途中には大きなアップダウン付きの見晴らしの良いストレートなどもあって、飽きが来ないのも魅力的だ。
ただ一つだけ注意点が…それは何かと言うと、とりあえず下の写真をご覧あれ。


080517-12.jpg
整備の際に新しく追加されたと思われる砂利。ここはまだ量的にもマシな方。


実は君尾林道の中盤以降にはこのような新しい砂利が撒かれたセクションが断続的に現れる。
中にはかなり深い砂利の場所もあり、更にはそれが下りコーナーに存在していたりするので、いい感じでタイヤを取られてしまうのだ(汗)。実際、私もある場所で転倒寸前まで行ってしまった。
(ライダーの腕は抜きにしてw)オフタイヤでしかもまだブロックの高さに余裕があるMT21を履いていてもこれなので、終了寸前のタイヤやオン寄りのタイヤでアタックする方は、腕に自信のある方を除いてペースを落として新砂利セクションを通過される事をお勧めする。

とりあえずこれでこの日のメニューは全て消化。
最初の原山峠では少し難儀したが、その次の2本のダートは非常に気持ち良く走る事が出来て大いに満足であったヽ(゚∀゚)ノ
何よりも丹波広域と違い、ゲートの開閉具合を気にしないで済むと言うのは精神衛生上非常によろしい。
昨今ゲート閉鎖が相次ぐダート林道だが、この2本にはそれとはいつまでも無縁でいて欲しい物である。
その為にも走る側の私達オフローダーには更なるマナーの遵守と謙虚さ、そして自制心が求められるのは言うまでも無い。


080517-13.jpg
締めは林道出口から程近い場所にある温泉『二王の湯』。
風呂上りに休憩室で阪神戦を最後まで見るなど、少しゆっくりし過ぎたw


帰りは時間も遅かった事から、綾部ICよりさっさと高速に合流。
中国道で事故渋滞に遭ったものの、さほど影響も無く午後8時過ぎに無事帰宅した。
あぁ、またしてもDR-Zは泥だらけのままカバーを…w

さて、ダートの感想は本文中で述べた通りだが、最後にもう一つ。
ちゃんまつ氏から引き継いだFOXのモトパンはだが、改めてよい買い物をしたと思う。
最初は『モトパンもGパンも大して変わらんだろう』とタカをくくっていた部分もあったが、いざダートに入ってみると素人目にも動き易さが違うのが分かった。やはり専用アイテムと言うのは大事だなと改めて感じた次第である。モトパンを履く事によって同じダートに行くのでも何となく気分が盛り上がるしねw

こうなるとやはりオフブーツも欲しくなって来たぞ~^^;
ただやはりフルサイズのごっついのは保管場所的にもアレなので、とりあえずショートタイプのツーリングにも使えそうなのが欲しいね。こんなのとか。
とりあえず規定の半額でも良いから、夏の某茄子出てくれよ~(汗)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>原山峠のダート
私も1年前に走りましたが、下りだったら高確立でズシャーニングしてたと思われw

と、某モンスターハンターを猿プレイしながら言ってみるテスツwww

遅過ぎるレスでスマソです(滝汗)

確かに下りだとマシンの自重で停まり難くなりますからね…正直DR-Zでもすべり気味でしたし^^;
とは言え、上りで行くだけでも十分に変(ryかとwww

ウチの2代目隼はとことん過保護で行きますよ~。
ただ一度でも立ちゴケなんかしたら豹変するかもですが(爆)


プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。