スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年6月7日のツーリング~行者還林道・小処温泉・辻堂山林道~ +OBN

梅雨の合間の晴天を逃す手は無い!
と言う事で先週に引き続き、今週も隼出動です。ただし今回は前日のハードな残業が響いて始動が遅めになりましたが('A`)
予定では朝6時に起床するつもりが、前日の仕事疲れが抜け切れなかったのか1時間半ほど寝坊orz
そんな訳で目的地も密かに企んでいた魔界・丹後半島などの遠距離の候補は全てアウト。結局天川村から行者還林道で上北山村へ抜け、温泉に浸かって帰って来ると言うプランが確定した。
この内行者還林道は、4年前に初代隼で走った際に下り右コーナーで悪夢の転倒を喫して以来の走行となる。初代の屈辱を2代目で晴らす、言わばリベンジ走と言った所だw

始動が午前10時と遅めだったので、とりあえず葛城までは高速を利用。下に降りてからはR24経由でR309に入り、ひたすら南下して道の駅吉野路黒滝に到着した所で休憩に。
トイレで用を足し、ベンチに座って缶コーヒーで一服していると、ウチの隼をしげしげと眺める二人の男性をハッケソ。しかも注目しているポイントは明らかにアニステの部分www
こりゃあ多分同業者だろうと感づくが、根がチキソな私はなかなか話しかける勇気が出ないorz
そうこうしている内にお一方が先に出発してしまう…ん?おいおいアニステバイクだよ(爆)
R1000(K6)のカウルにしっかりととらハ@なのはタソのステッカーが貼られていたのを確認した私は、慌てて隼の元へ。するとタンクバッグの上に名刺とお土産のステッカーが一枚…名刺によればこの方は大佐さんと言うHNの方で、帰宅後にアニステオフの写真を見てみるとしっかりと大阪オフの写真になのはステのK6が写ってました。と言うより大阪オフの際にはいつも幹事をされている方でしたか^^;


080607-1.jpg
大きさ的にも手頃で、貼る場所には不自由しなさそう。
色も濃い目のグレーと言うのが有難い。


とにもかくにも、名刺&お土産をありがとうございましたm(_ _)m<大佐さん

予想外の嬉しいハプニングで気分ものって来た所で再出発。
R309を更に南下して行者還林道を目指すのだが、途中笠木峠を越える所で新道のトンネルには向かわず、敢えて旧道を通って少し寄り道する。2代目隼にも時折悪路走行を体験させておかないと、いざと言う時の対処に困るのでねw<意味不明
その笠木峠の旧道は確かに落ち葉や小石等で荒れた箇所もあったが、走行困難と言うレベルではなく十分に通行可能であった。う~ん、これでは練習にはならんか^^;


080607-2.jpg
旧道時代の峠越えルートだった笠木隧道。現在は電燈類は全て外され、中は昼間でも真っ暗で少し怖い。
ちなみに左手に写っている狭路は旧々道である。そう言えばウチの某マイミク氏が走った事があったようなw


笠木峠旧道の走行を楽しんだ後はR309を更に南下して、いよいよ行者還林道の区間へと入って行く。
元々林道だったのを暫定的に国道に格上げした道なので、路面状況の良さは望むべくも無いのだが、ここ数日の雨のせいかやたら流水があるのにはさすがに閉口。瞬く間に隼の足回りは泥まみれになってしまった…こないだ掃除したばかりだと言うのに('A`)


080607-3.jpg
2~3個ほど連続で造られている砂防ダムも既に土砂で満杯状態。
いかにこの辺りで土砂崩れが多いかが分かる。



080607-4.jpg
行者還トンネル北側坑口。
ここを通る度(と言っても今回でまだ3度目でしかないが)に疑問に思うのだが、1km以上もある結構長いトンネルなのに何で照明を設けないのだろうか?
トンネル内で離合出来る十分な道幅があるとも言えないし、昼間はともかく夜間だと結構危険な気が…って夜にここを通るような人は居ないかw


トンネルを抜けると下りコーナーが連続する。俄かに4年前の転倒の記憶が脳内にフラッシュバックされるが、落ち着いて一つ一つコーナーをクリアして行く。
そして暫く進んだ所で見覚えのある下り右コーナーが現れた。変に意識し過ぎるとかえって悪い結果が出そうなので、これまでと同じく平常心で流れに任せるままに進入、無事クリアする事が出来た。4年越しのリベンジ達成の瞬間である。しかも年式こそ違うとは言え、同じ隼でクリア出来たのは実に感慨深いものがある。ええい、大袈裟だと笑いたくば笑えw

その後も焦らず慎重にウネウネ道を走り、R169へと抜けた後は少し南へ下って道の駅吉野路上北山へ。そろそろ時計も午後1時になろうかと言う所だったので、ここで昼食を取る。さすがに梅雨の合間の晴天と言う事もあってか、この日は置き場にも困るほどの沢山のバイクが停まっていた。

さて、腹が膨れた後は温泉で汗を流す事にする。
単に温泉に入るだけならこの道の駅にも薬師湯と言う共同浴場があるのだが、以前2度ほど入った事があるだけに面白みに欠けると言う事で、今回はそこから東へと進んだ山深くにある秘湯、小処(こどころ)温泉へと向かう事にした。
道の駅から300mほど先でR169から東へと分岐するr226(大台河合線)へ入り、10kmほど進んだ所にあるのが小処温泉。送迎バスはおろか路線バスすら無いと言う、交通の便の悪さは際立っているまさに秘湯である。そしてアプローチのr226も道中は結構な険道区間を有しており、それがまた秘湯具合に拍車をかけていると言えるだろう。


080607-5.jpg
小処温泉に到着。秘湯と言う割には新しめの建物でちょっと興醒めしたのは内緒だw
しかし周囲の景色は秘湯の名にふさわしい物と言える。


写真の説明でも触れたが、どうも最近上屋を新築したらしく、少なくとも玄関から更衣室に至るまでは秘湯の風情はあまり感じられなかった。しかしいざ浴場に足を踏み入れると、眼前には鮮やかな渓谷の景色が広がる。この辺りはまさに秘湯の面目躍如だろう。温泉も総木造りの浴槽の内湯と、渓谷を見下ろせる(と言っても湯に浸かったままでは見えませんw)露天風呂を併せ持つ十分な広さがあり、これで600円なら上出来だと言える。

温泉から上がり、30分ほど横になって寛いだ後に出発。時計を見ると午後3時過ぎで、一年の内で最も日の長いこの時期ならまだまだ活動可能な時間帯である。と言う事でこのまままっすぐ帰る事はせずに、もう少しこの辺りで遊んで行く事に。
そこで目を付けたのが、小処温泉と大台ケ原ドライブウェイを結んでいる辻堂山林道である。ツーリングマップルではろくでもない書かれ方をしているだけに少し気がかりな所もあったが、まぁダートでなければ何とかなるだろうと言う事でいざ進入開始w
念の為にS-DMSは最も非力なCモードに入れ、1~2速だけを使ってゆっくりと走る。なるほど確かに道幅は狭く落石も多い走り難い道ではあるが、それでも初代隼で突っ込んだ三重や和歌山の極悪険道に比べれば正直子供だまし程度のレベルでしかない(w。むしろ標高が上がってからは素晴らしい展望が開ける場所も多く、爽快に走れると言っても過言ではないだろう。ただ大台ケ原からやって来る車が結構居るのだけは正直鬱陶しいが。


080607-6.jpg
こんな感じで石がごろごろしている箇所も多くあるが、いずれもラインは確保されている程度のものなので、無茶さえしなければ難なくクリア出来る筈である。


080607-7.jpg
このような眺めを楽しめるのも、紀伊半島の道ならではと言えるのではないだろうか?
空気も美味しく、鳥のさえずりが実にンギモッヂイイ!!アッー!!


辻堂山林道を走り終えた後はR169へ戻るべく大台ケ原ドライブウェイを西へと向かう。
この大台ケ原ドライブウェイだが、以前走ったのは確か免許取立ての頃。と言う事は実に18年ぶりの走行になる^^;ちなみに当時の愛機はセロー225…何と懐かしいw
さすがに18年前の記憶は殆ど残っておらず、実質初走行のようなものだったが、R169との合流手前で少し急勾配&狭い区間があった以外は取り立てて変わった所も無い普通の道だった。まぁ残り半分を走っていないだけにここで結論づけるのは早急か。

と言う事でR169へ復帰。さすがに時間的にもそろそろ大阪へ戻らないとまずくなって来たので、ここからはまっすぐ帰還する事になる。と言う事でR169をひたすら北上するのだが、道の駅杉の湯川上に入るまでの間ずっとDQNなキューブに煽られ続け、順調に来ていたツーリングにケチが付いちまったヽ(`Д´)ノ
どうせならあのヴァカ、道の駅に一緒に入ってくれば良かったのにねぇ(微笑
その後は吉野市内の渋滞を避けるべく、R370~R369~広域農道と繋いで福住ICから名阪国道…


080607-8.jpg
には行かずに、またこっちの方へwww


だって福住の大カーブよりもこっちの方が落ち着いて走れるんだもん(はぁと)
ちなみにこの日は管理道の手前で4輪と1台離合。道幅ギリギリで死ぬかとオモタwww

そして後は天理東ICから名阪国道~西名阪~近畿道と繋いで午後7時前に無事帰還。
走行距離263kmのツーリングは無事終了と相成った。
選んだ道は当たり、温泉ンギモッヂイイ!!、そして予想外のアニステスレ住人との遭遇など、今回も内容の濃いツーリングになって至極大満足の私マー(ry
そして相変わらず隼は乗っているだけでワクワクさせてくれる最高のマシン。もう乗り換える事は考えられませんな。是非来週の日曜日(土曜出勤F●ck!)も天気が良ければ出動させたい所…だが、そろそろDR-Zの非稼動期間が3週間になる事を考えるとちょっと待ったかな(汗)


あ、ちなみにこの後午後8時からすぐ隣(w)の近畿道東大阪PAで開催されていたOsaka Bike Nightにもマイミク氏2人+非マイミク氏1名と参加したので一応追記。最初はDQN色の濃いイベントかと思っていたものの、実際には騒がしく雑然としながらもトラブルなどは一切無い意外とまともなイベントでちょっと驚いた次第w
何よりも国産・外車・オンオフ問わずとてつもない種類と台数のバイクが集まっていたので、それらを視姦するだけでも十分に楽しめますた。次回はひょっとすると会場が変わるかもだが、多分また行く事になるかと思われ。その時には是非アニステバイクで一角を占拠しましょうぞwww<同士各位
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。