スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年3月5日 四国半周弾丸ツーリング(前編)

先週に引き続いての土曜休みで、しかも快晴。
となるとST3をカバーをかけたまま眠らせておく道理がありません。
と言う訳でツーリングへGO!

今回は何も考えずひたすら走行距離を稼ごうとばかり、以前より企画していた弾丸ツーリングを実行に移してみました。その内容は…
ジャンボフェリー1便で早朝に四国上陸~室戸岬までひたすら南下~南国市まで抜けてから高速で一気に高松まで帰還~再度ジャンボフェリーに乗って神戸へと戻り、あとは阪高で大阪へ帰って来ると言う、自分の歳にしては結構ハードと思われるものw
フェリー代やガソリン代で出費がかさんだのと、朝の冷え込みが結構辛くて大変でしたが、良い景色と快適な道のおかげでそれらのネガティブ要素も全て吹っ飛んだナイスなツーリングとなりました(゚∀゚)

それでは早速レポに参りましょう~



仕事から帰って来たのが午後9時過ぎ。
そこから軽い食事と準備等を済ませ、午後11時半に神戸港へ向けて出発。
阪高では特に問題もなく、ジャンボフェリー1便出港時刻の40分ほど前に到着しました。
往復乗船券を購入し、後は乗船開始まで何をするでもなくボケーッと待機します。


20110305-1.jpg
夜空に映える『りつりん2』の船体。
丁度一年ぶりの乗船に心なしかワクワク感が^^;


いつもならバイクは早めに乗船出来る筈なのですが、今回はトレーラーが下船に手間取った影響もあってか、何故か車両の中では一番最後に…それとも何時の間にか順番が変わったのかな?
ちなみに今回私の他のバイクはと言うと、中型2台(ZZR4001台+バカスク)のみ。
やはりまだ本格的なツーリングシーズンでは無いからなのだと信じたい所ですが…(´Д`;)

そして今回の乗船では、新たにジャンボフェリーが1便に限り始めた個室サービスを利用する事に。
車もしくはバイクで乗船すると、通常2000円かかる所を500円で利用出来るのは正直ありがたいです^^
売店で鍵とシーツを受け取り、早速部屋へ。
室内は寝台特急のA寝台シングルデラックスをやや劣化させたような感じの簡素な作りで、隣室の音もダダ漏れ状態、荷物置場もロクに無し…などと、まぁ値段なりの出来じゃないかなとw


20110305-2.jpg
せめてコンセントくらいはあっても良かったんじゃないかな?^^;


部屋に荷物を置いた後は、これまた今回初めての利用となる浴室へ向かいます。
この浴室、場所がドライバールームの隣のかなり奥まった場所にあって、結構気づいていない乗客も多いみたいです^^;
ちなみに一つしかなく男性専用となっております。女性には専用のシャワールームが最近になって設けられたようです。
中は板で仕切られた(笑)湯船が2つ?と、洗い場が4つ、サウナが1室と言うレイアウト。
湯船には節水の為か湯が半分ほど(肩の高さくらいまで)しか張られてませんでしたw
シャワーも一部湯の出が悪かったり、壊れていたり…この辺はけして芳しくないジャンボフェリーの運営状況と比例しているようですね(´Д`;)
それでも無いよりは全然マシなので、これからも機会があれば利用したい所です。
あと脱衣所に鍵付きロッカーがあるのも心強いですね。

そんな訳で一風呂浴びた後は、夕食が少なすぎたせいか腹の虫が反乱を起こし始めたので、自販機でメロンパン1個を買ってパクつき鎮圧。食べ終わった後はさっさと眠りにつきました^^;

そして寝たかどうかも分からない内にお馴染みの『風が恋を運ぶ~♪』のジャンボフェリーのテーマがw
気が付けばもう高松東港着岸だそうです…さすがに3時間ではぐっすり寝た、と言う感じにはなれませんな(´Д`;)
まぁでも例の個室は思いの外良く眠れましたし、500円なら利用価値はあるかなと思います。
徒歩乗船ではさすがに2000円出してまで使う気にはなれませんがw


20110305-3.jpg
下船直後。さすがにこの時期、朝5時過ぎではまだまだお外は真っ暗ですわ(´Д`;)
おまけにすっごく寒いよ!(桜庭和志風に)


さてフェリーを降りて、いよいよ四国の東半分を一回りするロングランが始まります。
まずは暗闇の中、R11を徳島まで一気に南下して行きます。
志度辺りまでは完全に闇の中、津田の松原あたりでうっすらと空は明るくなり、引田を出て海沿いにコースを取る辺りでは丁度良いタイミングでかなり空は明るくなっていました…

が、景色を楽しむ余裕も無いほどに…寒い!!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

快晴故の放射冷却と言う奴でしょうか、徳島でR11からR55に入ってから道路脇の温度計を見ると驚きの0度表示(汗)。
RSタイチのインナーグローブ+スキー用のゴアテックスグローブの装備もまるで通用しない強烈さで、指先の感覚がなくなり始めます((((;゚Д゚))))
やはりST3にもハンカバ導入を考えるべきかな、とふと思った次第でした…


20110305-4.jpg
高松東港から殆ど走り詰めで来ていたので、そろそろ朝食を兼ねた休憩をと道の駅『日和佐』にイン。
JR日和佐駅と併設されており、今回は休憩中にキハ185系の特急『剣山』が停車~発車して行きました。


徳島市街で時間との兼ね合いもあり朝食を摂りそびれた事もあって、結構腹が減っていたので、向かいの711で惣菜パンを購入して朝食に。
しかし屋内にスペースがなく、止む無く風の吹きさらす外の休憩所で頂くことに…orz
寒い上に途中から地元の議員?が朝っぱらから街宣やり始めたりで、正直パンの味がしなかったですわヽ(`Д´)ノ

腹も膨れた所で再出発。
そしてすぐに一旦R55に別れを告げ、県道147号線(南阿波サンライン)に入ります。
地図上では海沿いをくねくねと曲がりながら伸びているこの県道、実際に走ってみるとワインディングも楽しめる上にほとんどの区間で海が見下ろせるという言う、実に素晴らしい県道でありました。
正直伊勢志摩のパールロードなど問題にもならん程だと思いますw
また、この県道に入る頃には日も高くなって気温も幾分上がり、だいぶ身体が動くようになっていましたw


20110305-5.jpg
第一展望台からの眺めその1。
千羽海崖と呼ばれる独特の海岸形態が、ここからだと良く分かります。


20110305-6.jpg
眺めその2。海岸にせり出すような断崖が特徴的ですね。


20110305-7.jpg
眺めその3。


そして、南阿波サンラインで走りと景色を堪能した後はちょっとだけここに寄り道。


20110305-8.jpg
JR牟岐駅。牟岐はひらがなで書くと『むぎ』!
つまりここは全国ン万人?のムギたん萌えの聖地であり(以下ry


ただ、ひらがなで『むぎ』と書かれた案内や看板があまり無かったので、ネタとしては正直イマイチな気がしないでも…駅のホームの表示板くらいかな?^^;
そんな訳でそれ以後は特に何をするでもなく牟岐の街を走り抜けてしまいましたw
で、引き続き室戸岬目指してR55を南下し続けるのですが、海部の街を過ぎた辺りから抵抗不能なほどの強烈な眠気が襲来(><)
さすがにジャンボフェリー船内での3時間程度の睡眠では已む無し、と言った所でしょうか(´Д`;)
それはもうバイクの上で一瞬意識が飛ぶほどの強烈さで、正直これはヤバイと思った所で丁度うまい具合に道の駅『宍喰温泉』へと到着。あぁタヒなずに済んだw


20110305-9.jpg
実はここに来るのはこれが2回目。
前回は確か2001年の7月、初代隼での訪問でした。
あの時は丸亀に住んでいたとある趣味友達の家に遊びに行く途中だったかな^^;
やたら暑くてヘロヘロだった記憶がありますw


ここでこれ幸いとばかり30分ほど転寝。
幾分目が覚めた所で缶コーヒーを1本飲み干し、土産物などは華麗にヌルーしてさっさと出発、と言う誠に鬼畜な行為を働いてしまいましたw
ちなみにここはその名の通りに温泉施設を併設しておりますが、訪れた時点では残念ながらまだ開館前でしたとさ(´・ω・`)

と言う事で、ちょっと頭がすっきりした所で室戸岬へ向けて進撃を再開します。
徳島市街では気の遠くなるような距離が表示されていた室戸岬への案内板ですが、ここまで来てようやく現実的な数字が表示されるようになって来て、私も幾分奮い立ちました(大袈裟
時計が午前10時を指す頃には日もかなり高くなり、気温も上がって海風が心地良いくらいに。
美しい海岸線を横目に見ながら、ゆるやかなカーブが続く道を法定+10~15km/h程度の比較的のんびりしたペースで淡々と走ります。う~ん、これぞツーリングですねぇ( ´∀`)


20110305-10.jpg
四国にも夫婦岩が!?
しかもこちらの方が大きくて迫力があります。きっと夫は大巨人なんでしょうww


そして高松から走り続ける事約6時間、距離にして約210kmを走り抜き、遂に目指す室戸岬へと辿り着きました。
もうゴールしてもいいよね…(観鈴爆


20110305-11.jpg
室戸岬に立つ、土佐が生んだ偉大なる維新の英傑にして坂本龍馬の盟友、陸援隊隊長・中岡慎太郎の銅像前で、室戸岬到達記念の撮影w


20110305-12.jpg
銅像をアップで撮影。
遥か彼方、異国の地へと繋がる大海原をまっすぐに見つめる、凛としたその表情。
その視線の先には、来るべき日本の新しい姿がくっきりと映っていたのでしょうか。
彼と盟友・坂本龍馬が天寿を全うし、その遠大な理想を実現させるのを見たかったと願う人は、私の他にもきっと多数存在する事でしょう。


(後編へ続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。