スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年3月5日 四国半周弾丸ツーリング(後編)

前編はこちらからどうぞ~ っ2011年3月5日 四国半周弾丸ツーリング(前編)



中岡慎太郎先生の銅像と記念撮影の後は、せっかくだからと岬の突端まで行ってみる事に。
銅像から歩いてすぐの場所に『灌頂ヶ浜』と言う浜があるのですが、そこが地図で見る限りは岬の一番端になっているようなので、とりあえず向かってみました^^;

現地は人気も無く、室戸の地質をよく表していると言う奇岩がゴロゴロしているやや荒涼とした感じの浜でしたが、それがかえって静かで心を落ち着かせる事が出来たりします。
今回は時間の都合もあり、少し散策しただけで早々に浜を後にしましたが、時間があればここでゆっくり昼御飯でも食べて、そして波の音を子守唄に昼寝などしてみるのも風流かも知れませんね^^
勿論食べた後のゴミは持ち帰る事は忘れずに…


20110305-13.jpg
静かな水平線を眺めてしばしボーッと。
ロングランの疲れを癒す一瞬です。


浜の散策後は県道203号線(室戸スカイライン)へ。
岬から急勾配で一気に駆け上がる、室戸岬灯台と展望台へのアクセス路になっている県道ですが、登り切ってからの道の状態はあまり芳しく無く、スカイラインと言う名に負けている気がしましたw
今回は歩いていかなければならない灯台をスルーして展望台のみ立寄る事に(汗


20110305-15.jpg
その展望台にあったふざけたモニュメント。
リア充はとっとと爆発しろ!ヽ(`Д´)ノ


20110305-14.jpg
展望台からの眺め。
ひたすら青い海ですな^^;


展望台と言う名がつく事からさぞかし立派な施設だと思いきや、実際には人が10人ほど登れば窮屈になるくらいの広さしか無いただの高台でしたw
居合わせた観光客の『がっかり名所やな~』のツッコミに心中で激しく同意した私ww

そんな事もあって10分ほど滞在しただけでそそくさと退散。
スカイラインを下りきってR55に再び合流し、そのまま北上を開始します。
合流手前にはライダー向けの宿泊施設『ライダーズイン室戸』がありますが、人見知りが激しくこの手の宿泊施設が苦手な私にとっては、おそらく今後も縁がない事だろうなと考えつつ横目に見て通過w

室戸岬までの道のり同様、ひたすら海岸線を走るR55をマイペースで走行。
今回のツーリングの6~7割くらいは海岸線を走っているのではないかと^^;
海からの風が少し強いのが厄介ですが、広々とした太平洋を横目に見ながらLツインの鼓動を楽しみつつマターリと走る時間は、やはり至福の時と言うべき他無いですな(゚∀゚)

…などと呑気な事を言っている場合では実は無かったりw
と言うのも帰りは高松発15:30のジャンボフェリーに乗る予定なのですが、この先の南国ICからの高速道路での移動時間を含めて逆算すると、現時点で乗れるかどうかちょっと微妙な時間になっていたのです(´Д`;)
15:30の便を逃すと、次は20:15の便になります。実際には翌日が日曜日ですし、この便に乗っても特に問題はないのですが、この日は実は行きつけのラーメン荘『歴史を刻め』で限定トッピングの『ピリ辛ネギアブラ』が提供されるとの事で、どうしても足を運びたいと言う思いがあったのですw

そんな事情もあって少しペースアップします。
勿論青い服のお兄さんのサイン会に出なくて済むレベルの速度でw
途中には過去に初代隼とDR-Zで都合2回訪れた事のある道の駅『大山』もあったのですが、立ち寄って昔を懐かしむ暇も今日は無く、敢え無くスルー^^;
安芸市内に入ってからはNHK大河ドラマ『龍馬伝』の記憶もまだ新しい、幕末維新の偉人の一人である三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の生家への案内板も目に入って来ますが、市内から北へ少し入った所にあって時間をロスするとの理由でこれも回避…次いつ来れるか分からないのに(´Д`;)
ともかく、この調子なら何とかフェリーの時間には間に合うかな、と思っていた矢先に…


20110305-16.jpg
しっかりと寄り道してしまいました(汗


阪神タイガースの2次キャンプ地である安芸市営球場です。
山の中の方にあるものと思っていたら、国道からホントに少しだけ入ったすぐの場所にあったので、ついついトラキチの血が騒いで…w
近くには土佐くろしお鉄道の駅もあり、その名もズバリ『球場前』…とは言え、この駅が賑わうのは阪神のキャンプ&オープン戦開幕カードの時くらいなのではとふと思った次第^^;

写真を見てもお分かりのように(この駐車場がまた無茶苦茶広いです)、駅前から球場に至るまでの道沿いは阪神一色でまさに街を挙げての歓迎ぶり。安芸キャンプの歴史を綴ったパネルなども歩道に設置されていたりと、阪神ファンを狙っての街おこしにかける凄い気合が感じられました。一時期球団では安芸キャンプからの撤退を示唆していましたが、この様子を見る限りではその案は賛成しかねるなと思った次第です。

さて時間が押している最中ではありますが、折角ここまで来たのだからと、高台の上にある球場へと足を運びます。
残念ながらキャンプ自体は既に終了しており、この日は勿論阪神の選手も関係者も誰ひとりとして居ませんでしたが、代わりに関西大学の硬式野球部が合宿?を行っており、グラウンドからは部員達の元気な声が聞こえて来ました。
と、坂を登り切って球場に着いた瞬間に、部員とマネージャーさん数名から挨拶されてしまいましてw
ドカのライジャケにレザパン、そしてヘルメット片手の出で立ちと、どう見ても関係者じゃない(むしろ不審人物レベルww)と言うのに…軽く会釈しか返せなかったのが何だか申し訳ないです^^;


20110305-17.jpg
ライト側からの眺め。
内野スタンドも申し訳程度しか無く、高校野球の地方予選が精一杯なレベルですね^^;
それでも鳴尾浜球場よりはお客さんの収容人数は多めかな?


20110305-18.jpg
反対にスコアボードはそこそこ立派なものでした。
まぁそうでないとオープン戦とは言え、プロ野球の試合は開催出来ませんわな^^;
なお外野スタンドは勿論存在しませんw


とりあえず5分ほど関大野球部の練習を見学してからそそくさと退散w
さすがにこの寄り道でかなり時間がヤバくなってしまいました(汗
R55を必死に南国インター目指して走りますが、案の定南国市街へ入る頃には高知市街へ向かう車が合流して渋滞が発生…南国インターに着いた頃には既に出航時間の1時間半前を切っていると言う、まさに危険な領域に達しておりましたアッー!!www

幸いにも高速はガラガラで飛ばし放題の感がありましたが、先を急ぐあまりアレなスピードを出して免許を失ってしまえば何にもならないので、他のペースの早い車を先行させてのハイエナ走法(笑)で速度稼ぎに^^;
松山道に入る頃にはペースも上がったおかげで、奇跡的に高松東港には出航20分前と比較的余裕のある時間での到着となりました…と言う事は南国~高松間を1時間ちょっとで移動した事になるのか。こりゃあ『南風』に乗る必要も無くなるかなぁ~、などと鉄野郎にあるまじき暴言を吐いてみるテスツw

帰りのジャンボフェリーは個室の設定が無いので、おにぎりセットとパン1個で遅い昼飯を済ませた後は和室で雑魚寝。早朝から走り詰めだった事もあり、道中4時間のうち3時間以上は爆睡をかましてしまいました^^;
神戸港で下船後は阪神高速にすぐに乗って一目散に帰還。そして息つく暇もなくXRに乗り換えて、今度は歴史へ直行。我ながら良くやるよな…w
いつも通りの長い行列をいなした後、お目当てのピリ辛ネギアブラトッピング付きラーメンに与ったのでした(゚д゚)ウマー


70548063_org_v1299360910.jpg
豚ラーメン並(麺350g)、野菜チョイマシ、ニンニク、アブラマシマシ、カラメ、ピリ辛ネギアブラ。
アブラを麺に絡めて(゚д゚)ウマー


ラーメンを食い終えて本格的に帰還となったのは午後11時過ぎ。
結局ほぼまる一日動きっぱなしになってしまいましたw

朝の冷え込みが予想以上にきつくて心が折れかけましたが、日中のぽかぽか陽気と美しい海岸線のおかげで、終わってみれば非常に充実したツーリングになりました。
深い山の中のワインディングを走り抜けるのも良いのですが、やはり大海原を眼下に置きながらの走行は何とも言えぬ爽快感と開放感があって最高ですね。
…それだけに、この度の東北関東大震災で三陸地方の美しい海岸線が甚大な被害を受けたのには激しく心が痛みます。
どうか一日も早く、安心してかの地の美しい海岸線を眺めながらツーリングが出来る日が訪れますように。
その復興の手伝いを本当に微力ながらではありますが、これからも継続して行く所存であります。


そして久々に乗ったジャンボフェリーも相変わらず味のある乗り心地で一安心。次は船内売店でカレーうどんを食さねばなりませんなw
岩崎弥太郎生家と言う宿題もある事ですし、次に乗りに行く機会もそう遠くはないのではないでしょうか^^;
高速料金制度の事もあって経営は以前厳しいですが、何とか存続に向かって頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。