スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年5月5日 坂泰林道・安川大塔川林道ツーリング(前編)

GW後半の3連休最終日。
当初は芳しくない予報でしたが、日が近づくに連れて好転する嬉しい誤算となりました^^

前日の4日にはST3のチェーンメンテついでに、榊原温泉での湯治を含めて230kmほど走って来ているのですが、それでもまだお腹イッパイにはならなかったのか、この日もセカンドバイクのXR250でツーリングに向かう事に。
しかも翌日から仕事再開だと言うのに、紀伊半島中南部のダート林道をソロで巡ると言う『おいおい大丈夫かいな?』的なプランを練ってしまったのでした^^;

さてその結果は如何に…
翌日のからの仕事を考慮して、少しでも早く大阪へと戻って身体を休めようと朝早くの始動を目指し、午前5時に頑張って起床。しかし何かとgdgdしている内に、結局出発出来たのは起床から2時間半も経過した午前7時半過ぎになってしまいました(´Д`;)
まぁそれでもいつもの私の始動時間と比べると随分早めではあるのですがw

ひとまず近畿道~阪和道と繋いで岸和田和泉ICまで。
ST3と違い、さすがにXRでの高速走行は何かとシンドいですね^^;
せいぜい90km/h前後での巡航が限界かなと…
それでも走行車線を走っていると、アッサリと追いついてしまう4輪が何台か…アンタら一体どんなペースで走ってるんだ?('A`)

岸和田和泉ICからは下道に移行し、R170経由でR480へ。
酷道好きな人ならこの時点で何処を走るかはもうお分かりでしょう^^;ズバリ鍋谷峠を越えて行きます。
大阪府側からの峠までの登り道は相変わらずの酷道っぷり。道幅は狭くて路面もガタガタ、おまけに急勾配の連続と、正直XRで走っていてもそれなりに疲れる道です。
あと今回写真こそ撮りませんでしたが、ここには『不法投棄現場を発見して沖縄旅行へ行こう!』などと言うとてもアレな内容のキャンペーンを紹介している看板が2箇所ほど設置されています。この道を走る際には是非見て行って頂きたい所です。『携帯でナンバーを写せ』とか素で書いてあって、あまりのシュールさにマジ吹きそうになりますw

そんなこんなで鍋谷峠に到着。
この日は殆ど対向車とすれ違う事はありませんでした。やはりGWにわざわざこんなぁゃιぃ道を走りに来る人は居ないんでしょうかね?w


110505-1.jpg
鍋谷峠。どうって事ない切通しの峠です。
しかし、以前来た時には確か無かった筈の電光掲示が設置されていました。


峠からは和歌山県に入ります。
こちら側も出だしは2車線道路となりますが、すぐに1車線のクネクネ道に早変わり。
ただ大阪府側と比べると路面状態は大人しく、若干は走り易いと思います。
あと、大阪府側とのもうひとつの違いはバイパス道路の建設が進んでいる事。
既に開通している平バイパスの他、鍋谷峠をくぐるトンネルが着工されそうな雰囲気も感じられました。


110505-2.jpg
トンネル着工の匂いが感じられる場所。
鍋谷トンネル(仮称)が開通した場合の和歌山県側の坑口になるのでしょうか?


ガソリンがぼちぼちリザーブ突入の模様だったので、R24との重複区間に入る前の個人経営のGSで給油。
しかしR24に入った途端に安いセルフのスタンドを発見し(´・ω・`)ショボーン
もう少し引っ張っとけば良かった…まぁどうせ100円もしないほどの差なんだけどねw

そしてR24を少し橋本方面に進んだ所にある、『道の駅紀の川万葉の里』で休憩。
鍋谷峠越えの時の定番休憩スポットですな^^;
とりあえずトイレで小用を足し、まだ朝早い故にかなりの冷え込みだったので暖を取るべくホット缶コーヒーを購入。そしてベンチでゆっくりと味わおうと戻ってみると、何やら白い巨大な物体が…
急ぎ近寄ってみると、その正体は大型犬のグレート・ピレニーズでしたΣ(´∀`;)
『あずまんが大王』の忠吉さん、と表現した方が一部の人には分かりやすいでしょうかw


110505-3.jpg
飲み水の入れ物に注目。
通常のわんこなら小皿の類で済む所が、ピレニーズの場合は小型のバケツw
この量をガブガブと飲み干す様は圧巻でした^^;


セントバーナードやバーニーズマウンテンなど、大型犬大好きな私は狂喜乱舞ヽ(゚∀゚)ノ
思わず飼い主さんの許可も得ずにモフりまくってしまいました(汗
ま、まぁ直前に他の人がモフっていたので多分大丈夫かなと^^;

案の定このコ(つってももう9歳だそうですが)はとても大人しく、またラブラドールなんかのように飛びついたりする程ではないまでも結構人懐っこい感じで、軽く頭を預けてくれたりして、こちらはもうヘブン状態に(*´Д`)ハァハァ
前日に名阪国道の伊賀SAで柴ワンコの双子をモフれたのに続いて、この日の忠吉さんとの遭遇…
ここ最近満足にわんこをモフれていなかっただけに、まさに盆と正月が一遍にやって来た感じでしたw
ただやはり気になったのは、大型犬の宿命と言うべきものごっついヨダレ^^;
懸命にモフりつつもジャケットに付かないよう気を遣ったり…^^;

その後飼い主さんと夏場の過ごし方や毛並みの手入れの事などで少しお話。
やはりどちらも結構気を遣うそうです^^;
それでも毛並みの綺麗さや、絶えず声をかけておられたその様子から察するに、この子は相当愛情を受けて育っているのだなと実感した次第。9歳と言う事は大型犬だと結構な老齢になりますが、是非とも一年でも長生きして欲しいと心から思う私なのでありました。

そんな忠吉さんと過ごした夢のような時間に別れを告げ、缶コーヒーを一息に呷った私はいざ林道へ向けて再出発します…と言っても目的の林道までにはまだまだ道のりは遠いんですけどねw
とりあえずショボい交差点から再度単独分岐したR480を南下して行きます。
すると星川の集落辺り、こんにゃく工房とやらの近く(多分)にこんなモノが…


110505-4.jpg
『らき☆すた』のヒロイン、泉こなたタンの飛び出し小僧w
正直絵柄は微妙ですが、とにかくどこかの青少年センター\(^o^)/ハジマタ


ドラえもんやアソパソマソなんかは良く見かけますが、この手の萌えキャラを使った飛び出し小僧と言えば、最近では豊郷近辺のけいおん!キャラくらいしか記憶がないですね^^;
かつらぎ町…侮り難し!w

その後志賀高野山トンネルを抜けてすぐの所でR480からR370へ。
更にr115を経由してまたまたR480に復帰し、箕峠に至るR371旧道を経て久々に高野龍神スカイラインへと入ります。
非力な250オフ、かつキャブ車と言う事で標高の影響をモロに受ける事から、ごまさんスカイタワーまでの上りでは悲しいくらいにパワーが出ませんw
幸いにも休日の龍スカ名物(迷物)?の迷惑運転ドライバー&ライダーに遭遇する事はありませんでしたが、この瞬間だけはST3が恋しくなりましたとさ^^;


110505-5.jpg
ごまさんスカイタワー。
まだ肌寒い気候に加えて時間も早めとあって、バイクの数は思ったより少なかったです。


110505-6.jpg
駐車場より崖又山方面を写す。
稜線に沿って伸びている道は、言わずと知れた川津今西林道(作業道)です。
名目上は一般車両通行止めになっていますが、正直守られているかと言うと…^^;
私は怖いので走る気はありませんですw


トイレ休憩の後は下りに転じたスカイラインを南下。
そして湯ノ又トンネルと言う短いトンネルをくぐってすぐの所にある名も無い分岐から舗装林道(市道かも)に入ります。地図で見るとこの道が坂泰林道へのアプローチ路である龍神本宮林道(全舗装)に繋がるr735龍神十津川線へのショートカットになっていたので^^;
道自体はまぁ、ごく普通の狭い道と言った感じでした。密かにダート区間があることを期待してたのですがw

r735に合流してから程なくして、龍神本宮林道への分岐に至ります。勿論私は迷わず林道方面へ。
通行可能となってまだ日が浅いせいか、道は結構荒れ気味でXRと言えど結構神経を使わされました(´Д`;)
ダートと違って、枯れ枝や落石などで荒れている舗装路はかえって走り難いんですよね^^;
おまけに道の途中でハクビシンがデデンとふんぞり返って『こっち見んな!』してやがるしw
しかもなかなか逃げ出さないので焦りましたがなww

とまぁそんな事もありましたが、とりあえず坂泰トンネルを抜けてめでたく坂泰林道の入口へ到達しました。


110505-7.jpg
入口は2年前にDR-Zで走った時と比べて特に変化は無し。ゲートの設置なども無く、当分はこのままの状態でしょう。


撮影を終えて早速スタート。
2年前の超フラットな路面を知っている自分としては、今回もきっと楽勝だなとタカをくくって走り出します…
が、先程の龍神本宮林道同様こちらもまだ通行車両が少ないせいか、予想に反して路面は荒れ気味(´Д`;)
普通にダートを走れる人にとってはさほど苦にしないであろう状態なのですが、ヘタレの私にとっては結構辛い(汗
しかも下り坂とあって、ローギア固定でブレーキも当てまくりで自転車並みの速度でソロソロと下るのでありましたorz
一応他のオフローダーのものと思われるタイヤ痕はあったのですが、とてもそれをトレースする余裕もなく、コケないように走り切るのに必死で…ああ情け無い(´;ω;`)


110505-8.jpg
下りが終わって川沿いに下りてくる頃には大分路面もフラットになり、その後はR311に合流する出口まで概ねフラットな路面の下、快適なダート走行が楽しめました。

さて、この坂泰林道。
展望の面では正直期待できませんが、主に川沿いを走るルートは夏場の避暑には最適かも知れません^^;
それに距離もそこそこある(10km前後?)ので、紀伊半島の林道の中では優良な部類に含まれると思います。
難点はアプローチのしんどさですかね。ちょっと南寄り過ぎて気軽に、とは行き難いのが…

R311に出て、熊野方面に少し走った所にある『道の駅熊野古道中辺路』へ昼食休憩の為ピットイン。
うどんや丼物の軽食もありましたが、食べるスペースが狭いのとありふれた物しか無かったので、パンを買って食べることに。
地元の小さなベーカリー製のモノを2つ頂いたのですが、まるで小学生の頃に食べた給食のパンのような素朴な味わいで美味しゅうございました( ´∀`)

お腹も膨れた所で、次のターゲットである安川大塔川林道へ向けて出発します。
r217~R371~r219と言うルートで向かうのですが、r217走行中にこんな看板があったのでちょっと小休止して撮影。


110505-9.jpg
乙女の寝顔・展望ポイント?
はて一体なんのこっちゃ、と思いつつ指示された方向を見てみると…


110505-10.jpg
写真中央の山並みに注目。
なるほど確かに人が横たわって寝ているように見えなくもないですが、乙女の寝顔と言うには正直微妙と言うしか…(;´∀`)


r219に入り、下川上の集落を抜けるといよいよ民家も無くなってちょっとした秘境ムードが漂い始めます。
そして安川渓谷に差し掛かる頃には、r219は大塔林道と名を変えて、本日2本目にしてメインイベントとなるダートに向けていよいよ気分も高まります…
が、いきなりダートが始まる訳では無く、しばらくはクネクネと曲がりつつ上って行く舗装林道を走る事になります^^;


さて、ここで一旦切るとしましょう。
(後編へ続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。