スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月25日 冠山峠3度目の挑戦&猫寺再訪ツーリング(前編)

ハイ、忘れかけた頃にひっそりと更新する当ブログへようこそw

今回はXR250での日帰りツーリングでの限界に挑んでみる、と言うコンセプトで決行してみたツーリングであります。
ターゲットは過去2回通り抜けを挫折させられた冠山峠、そして福井県にある2本のダート県道。
そして猫寺で有名な御誕生寺への再訪も兼ねております^^;

…結果的には大排気量のオフ車は自分にとって必須だな、と言う事を再認識させられたツーリングとなったようです(´Д`;)

午前5時半と言う普段の自分の日帰りツーでは考えられない早い時間での出発。
ざっと見積もってもゆうに500kmは超えて来る長丁場、しかも高速移動が厳しいXRとあっては仕方の無い事ですが^^;

まずは近畿道~名神とひたすら高速道路を走ります。
事前に覚悟していた事とは言え、やはり非力な250オフでの高速道路の走行はキツいですね(´Д`;)
なるたけ流れを邪魔しないようにと走行車線を何とか頑張って90~100km/hくらいで走るのですが、それでも早朝の流れの早い名神だと後ろからビュンビュン追い抜かれて行きます。
後もう一つキツいのが振動です。SAやPAで休憩のため停車すると、手足が尋常じゃないくらいに痺れていて正直気持ち悪くてたまりません。手に関しては軽減出来るパーツがあるみたいですが、正直あまり機会のない事に投資するのもどうなんだろうと言う思いもあり、イマイチ踏み切れないのが現状です^^;

米原から北陸道に入ると更に車の流れは速くなり、最早100km/hの巡航ですら追い付かないレベルに(汗
とは言え4輪のために無理をするつもりもさらさら無いので、割り切って走行車線をこれまでと変わらないペースで流します。しかしそれでも途中数台の遅過ぎる車に引っかかり、やむなく追い越しをかける始末…ってあんたらどんだけ遅いペースで走ってるんだよと┐(´д`)┌

まぁそんな感じで一杯一杯ながらも、何とか踏ん張って木之本インターまで走り抜き、ようやく高速を離脱。
既にこの時点で走行距離は150km近くに…まだ本日の行程の序盤も序盤なんですが(^_^;)
ここからは国道303号線に入り、酷道マニアの間では有名な八草峠を経て(実際には八草トンネルを通るのですが)冠山峠へと続く国道417号線を目指します。
と、その前にインター近くのGSにて給油。既にこの時点でこの日2回目の給油ですw
距離的にはまだまだ給油せずとも行けたのですが、この先のルートはGSもまばらになるので念には念を入れて…
ただでさえ航続距離に難のあるオフ車ですしね。

この日木之本町は地蔵大縁日の真っ最中と言う事で、地蔵院周辺の旧道の両側には露店がずらりと並んでいましたが、さすがに早朝では開いている店は一つもなくひっそりとしていました。後に帰宅後に分かった事なんですが、午前9時からは一帯は午後10時まで通行止めになるらしく、私が走行したのはまさにギリギリのタイミングだったようです(^_^;)
しかし途中トルコアイスの露店前で、露店の主であると思しきトルコ人男性数名の乗る車が準備を始めた為に完全に道を塞がれてしまいい、結局周辺路地を迂回する羽目にw

町を抜けた後は八草峠へと続くR303を疾走します。
元々交通量の少ない国道な上に朝早くと言う事もあり、対向車も前後を走る車も殆ど無し。
快晴の空の下で気持ち良く緑に囲まれたコーナーを軽やかに抜けて行きますが、思ったより気温が低く(途中の温度計では20度丁度を指している所も)、ちょっとメッシュジャケットでは肌寒いくらい^^;
なおこのR303を走行するのは実に7年ぶり。
前回は当時のセカンドバイク、F650GSダカールで八草峠旧道・冠山峠・R157温見峠を1日で走ると言ういささか強引なツーリングの途上でした^^;
その頃と比べると、金居原のバイパスも開通しているなど状況もすっかり変わっていて、快走できる2車線区間が殆どになっているのに驚いた次第です。と同時に酷道マニアの端くれな私は一抹の寂しさも覚えましたがw

そうこうしている内に八草トンネルの滋賀県側入口に到着。
早速旧道の入口を望みましたが、ご覧の通り…


120825-1.jpg
コンクリートブロックでガッチリと固められております。
4輪は勿論、2輪でも通過はほぼ不可能ではないかと…
横手の草むらから侵入出来なくも無さそうですが、そこまでして入るのは私はさすがに気が引けます(-.-;)


120825-01.jpg
こちらは7年前の訪問時の写真。
まだ現道の迂回路として機能していたせいか、現在よりもずっと綺麗に整備されているのが分かります。


訪問前にネットで現在の旧道の情報を集めてみた所、どうやら途中でかなり大規模な道路欠損があるようなので、この処置も致し方ないのかも知れません。
正直復旧までには相当な時間がかかりそうな感じでしたし、このまま復旧せずに廃道化してもおかしくはありませんね。残念ですが…


hassou2003.jpg
参考までに過去2回の八草峠訪問時の写真を。
こちらは2003年4月に当時の1号機・初代隼(2001年式)で訪れた際のもの。


hassou2005.jpg
こちらは2005年5月にダカールで訪れた際のもの。


八草トンネルを抜けた先、道の駅夜叉ヶ池の里さかうちで休憩。
ここでこの後に訪れる予定の冠山峠付近の道路情報を得ようとしますが、どこにも見当たらず('A`)
仕方ないのでトイレだけ済ませ、もう少し先の道の駅星のふる里ふじはしへと向かいます。
先のさかうちでは見かけなかったバイクですが、ここふじはしでは10台ほど視認出来ました。
きっとこれから峠を抜けて福井県側へと向かうんだろうと自分に言い聞かせつつ、施設内へ…





『国道417号線 塚白椿トンネル付近で地滑りの危険性がある為通行止め』





なんてこったい!3度めの挑戦でもまた駄目なのかよil||li _| ̄|○ il||li
過去2回は峠付近の残雪の凄さを軽視しう、いずれも早い時期に行き過ぎた自分のミスだったのでまだ納得も行きますが、さすがに今回はショックがでかいです(ノД`)
確かに台風やここ最近の大雨で嫌な予感はしていたのですが、それにしてもなぁ…

と言う事で無念さを噛み締めつつ、R303を引き返します。
この場合一番無難な迂回路はR365になるのですが、まだ時間が早く余裕があったので、こちらも険道として有名な滋賀県道285号中河内木之本線を走る事を急遽決断。杉本の集落から同284号杉本余呉線に入り、分岐を目指します。
この杉本余呉線もなかなかの険道っぷりで、特に途中の杉本隧道はインパクト抜群です^^;



120825-2.jpg
古めかしい銘板とその杭口の小ささに注目。
内部も素彫りだったり、漏水が激しく雨も降っていないのに足元がびしょ濡れになったりとかなり楽しめ?ますw


分岐を経てr285に入り、険道区間の入口となる北海道トンネルと言うネーミングの由来が気になるトンネルへと到達…ですがこちらも前回走行した時より何やら物々しい雰囲気が。
やたらとダム工事関係者意外立入禁止、と言う内容の看板が目立ちます。
更に不法投棄を監視するパトロールカーの姿も…


120825-3.jpg
トンネルを抜けると、そこは北の大地…なわけは勿論ありませんw
それにしても何でこの名前がついたのかと^^;


不安を感じつつもとりあえずトンネル内へ侵入。
そして少し走った所で分岐に至ります。
2つある道の片方は立派な道幅の道路なんですが、トンネル入口よりも強い口調で一般車の立ち入りを禁止する看板が。
そしてもう片方はと言うと…


120825-4.jpg
ご覧のような状態。既に何処が道なのか分かりません(汗


恐らくは立派な道の方が県道の続きだとは思うのですが…
しかしどちらに進んでも後々面倒な事になる可能性は高いですし、この後にまだ目的の場所が控えている事もあって、ここは無理せずに撤退する事を決意(´Д`;)
のっけから挫折続きのツーリングに不安は募る一方です…


結局町道経由でR365へ出て、そこから次なる目的地であるダート県道2本を目指す事に。
こちらも久々の走行となりますが、交通量が少なく快走出来る上に栃ノ木峠の前後は眺望も素晴らしく、なかなか楽しめました。


120825-5.jpg
ここから伸びる栃木山中林道も素晴らしい眺望の林道だそうです。
次回はそちらの方を走行してみたいですね。


峠を越えて福井県に入り、板取宿跡のすぐそばにあるトイレで小休止。
あとで気付いたのですが、すぐ近くに当時の関所跡があったそうで…見とけば良かった(´Д`;)
で、今庄駅から少し行った所にある今庄そばの店『おばちゃんの店』にて少し早めの昼食にします。
実はここも過去に1度訪れていたり…さすがにその時食べたそばまでは覚えてないですがw
今回は暑さもあって冷やしたぬきそば(大盛)を注文。
蕎麦は美味しかったですが、大盛の割には量が…まぁ自分の大盛基準は少し一般の人とは違うのもありますけどね(謎)

とりあえず満腹とまでは行かずとも腹を満たした後はR365をもう少し北上。
そして南条駅近くの交差点で、今回のツーリングにおけるターゲットの一つであるダート県道、福井r203池田南条線へと入って行きます。
実はこの県道も7年前にダカールで一度走行はしているのですが、その時は峠から池田町側に下ったすぐ先で大規模な崩落のために通行止めとなっていて、完走できなかったと言う因縁のある道なのです。
ただ一つ気になるのは、ネット上での事前調査で舗装化が進行中であると言うのを目にした事。
せめて全線舗装化だけはされていない事を祈りつつ、進入を開始します…


が、結論から言いますと時既に遅しでしたil||li _| ̄|○ il||li


池田側、南条側双方とも完全に舗装されており、ただの狭い3桁県道と化しておりました(´;ω;`)ブワッ
近くを走る国道476号線が分断されているだけに、この県道が迂回路として目をつけられて舗装化の憂き目に遭ったのかも知れません。
ともかくこれで3連続での挫折、XRで福井くんだりまで出向いてのこの有様に、私の体力も気力もどんどん削られて行くのが良く分かります('A`)


120825-6.jpg
峠から南条側の舗装の跡が結構新しい事から、全線舗装化が完了したのはつい最近なのかも知れません。
こんな事ならせめて去年くらいに訪れておくべきだったか…


120825-06.jpg
こちらは7年前の写真。
こんな感じで見晴らしの良い、かつフラットなダートが峠まで続いていたのですが…


そんな訳で失意のままr203を池田側へと下りました…が、折れかかった心を何とか奮い立たせてターゲットのもう一つであるダート県道、r248武生池田線へと向かいます。


120825-7.jpg
r201からひっそりと分岐するr248。最初は気付かずに通り過ぎてしまいました(´Д`;)


しかし…写真を良く見て頂けるとお分かりかと思いますが、ここにも入口に『通行止』の無常の文字がヽ(`Д´)ノ
それでもこう言う場合は、バイクだと何とか通れる場合も少なくない事は過去の体験からも実証済み。
祈るような気持ちで進入して行きます。
集落内でまるで野犬のような危ない顔付きの飼い犬に敵意むき出しで吠えられたり、トラクターに前を塞がれたりと散々な仕打ちを受けながらも、序盤で早くもダートと化した県道を慎重に前進。
しかしダート開始から1kmもしない地点で、私の最後の希望はもろくも打ち砕かれてしまいました(´;ω;`)


120825-8.jpg
道 が 無 い


最近の大雨なのか、その少し前の台風の影響なのかは不明ですが、ともかく道が豪快に落っこちてます('A`)
深さも結構あり、例え押し歩きでも一旦降りて再度向こう側へなんて真似も到底不可能です。


120825-9.jpg
崩落部分をアップにて。
なんとも見事にごっそりと落っこっちゃってますわ(´Д`)-y~~~


腕に自信のあるオフ乗りの人なら、ジャンプでクリアすると言う荒業も或いは可能かも知れませんが、私には200%不可能なのは言うまでもありません。と言うよりたかだか5km程度のダート県道で、そこまでのリスクを冒す必要性も正直感じられないですw
と言う事で最早回復不能なダメージを喰らい、スゴスゴと撤退を開始…この時点でXRで遠路はるばるやって来た必要性はほぼ無くなってしまいましたとさ┐(´д`)┌
まぁ今回はダート走行の他にも限界に挑戦と言う大義名分があるから良いのですが…

この時点でもまだ時刻は午後1時前くらい。
ですが冠山峠通り抜けはおろか、ダート県道2本までスカを食らった事ですっかり気持ちが萎えてしまい、一瞬このまま帰ってやろうかと言う気持ちになってしまいます('A`)

しかしここである発想が。
『冠山峠、岐阜県側からは行けないけど福井県側からだと行けるんじゃね?』
ちなみに過去2回はいずれも岐阜県側から峠までは走っているので、もし今回福井県側からの到達が成れば、分割と言う形ではありますが一応冠山林道の完走は果たした事になります。
ならば行くしかない!と言う事で、最後の気力を振り絞ってR417へ。
国道から林道へと変わる地点には『岐阜県側通り抜け不可』の看板はあったものの、福井県側についての注意書きは無し。どうやら峠までは辿り着けそうです(゚∀゚)

さて今回初めて走行する冠山林道の福井県側。
まぁ何と言いますか、ごく一般的な舗装林道と言った所でしょうか。
ガードレールやカーブミラーと言った気の利いた設備は殆ど無く、道幅も大抵は1車線ちょいくらい、場所によってはそれ以下の所もあり。
路面状況も細かい土砂が流れ出てたりと、大型のロードバイクだとかなり慎重に走らないとあっさりとコケてしまいかねません。ただ岐阜県側よりは断崖絶壁感はやや少なめなので、その分だけまだマシかも知れませんね(^_^;)


120825-10.jpg
今回一番キテるなと感じたセクション。とは言えXRだと楽にクリア出来るレベルですな。


120825-11.jpg
少し見辛いかもですが、山腹にうっすらと見える筋がこれまで走って来た林道です。
とんでもなく山深い場所を走っているのを実感できます^^;



そして無事に福井県側から冠山峠へと到達!
都合3回、足掛け9年に渡ってようやく冠山林道走破を果たしましたとさw


120825-12.jpg
過去2回同様、今回も峠の記念碑前で記念撮影。
岐阜県側の通行止を知らせる看板だけが過去2回で見られなかった物ですなw



(後編に続く)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

接近遭遇

いやはや、多少の時間差はあったようですが、近所どころか同じところに居たんですね(笑)。多分結構あとの時間だと思いますが、あのトルコ人、山側から四輪車が来て一触即発になりかけてましたよ^^;

それにしても、私に負けないくらい挫折の多いツーリングだったようでしたね。う~ん、でも見ているとバイクが欲しくなりますなぁ(;´Д`)

なんとw

ツイッターで木之本云々と言う話をされていたのでもしやとは思いましたが、まさかここまでのニアミスになるとは^^;
で、結局例のトルコ人一行は準備が終わるまでずっとあのまま道を塞いでたんですね。早めに回り道して正解でしたわw
ちょっと困った方達だったようで…ただトルコ人は親日派の人が多いだけに複雑な心境ですわ(´Д`;)
これがもし韓国人だったら(ry

>挫折
いやもうマジ凹みモードでしたよ_| ̄|○
こんな事ならドカの方がもっと楽に来れたじゃん!みたいな('A`)
確かにあの辺の山道はどこも厳しい気象条件下にあって、むしろ普通に通行出来る日の方が少ないくらいではあるんですけどね…

と言う事で、行動範囲を広げる意味でも400ccなんかどです?( ̄ー ̄)ニヤリ

プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。