スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年GW放浪記・1日目

GWなどとっくの昔に終わり、今は連日残業に追われて這いずり回る毎日ですが、それでも今更ながらGW期間中の関東遠征のレポなどをさっくりとアップして行きますw
とりあえず今回の行程を大雑把に説明すると…

(5月3日)
早朝にアパートを出て伊豆方面へ。伊豆熱川の温泉民宿で1泊

(5月4日)
午前中に天城峠旧道を走破。
続いて前日大渋滞の為回避した伊豆スカイラインを仕切り直しで走行した後、箱根新道~小田原厚木道路と繋いでアゾンファクトリーショップ湘南へw
来店記念のお買い物(笑)の後は、厚木ICから東名高速~ナナハンで首都高で東京入り。
入谷のホテルに荷物とバイクを置いた後、秋葉原へ向かいGiGOでアイマスw

(5月5日)
ドルパ5参戦。
今回の戦利品は衣装2着だけ、て言うか既にこの時点で矢玉が…(汗)

(5月6日)
朝から高速に乗り、真っ直ぐ帰阪。
で、17時過ぎに帰阪後すぐにアイマスやりにゲーセンへ(廃)


以上のような感じで、ネタ的にはバラバラですw
それでもいいや、って言う奇特な方(おぃ)は、是非とも宜しくお付き合い下さいませ(゚ω゚)ノ


では、まずは5月3日のレポから参ります。
朝3時過ぎに起床。前日は万全を期して有休を取ったにも関わらず、変な時間に転寝してしまったせいで殆ど睡眠が取れなんだよ(汗)
とりあえずゼリーを1パック流し込んでからいそいそと準備し、午前4時過ぎにアパートを出発。まだ夜中なので気を遣ってエンジン始動は駐車場の外w

近畿道から西名阪、更に名阪国道で一路鳥羽市を目指す。
GW後半戦の初日だが、さすがにこの早朝時間帯では交通量は少ない。
…と、それは良いのだが寒過ぎる!伊賀上野市内で5度ですよ、5度!
やはり5月とは言え、早朝の山間部を侮っちゃいけませんやね。おまけに今回は現地(都内)での移動を考慮してライダージャケットは非着用で、普通のシャツ+プロテクター付きインナージャケット+レインスーツ上着と言う軽めの装備だったので、余計に寒さが身に染みるぅぅぅ(TT)
そんな訳で寒さも限界に達した五月橋PAで小休止し、グローブを冬用に交換&グリップヒーター始動。少しはマシになった。

出発から2時間半ほどで鳥羽市内に到達。殆ど高速オンリーで順調に走って来たのにこの時間…伊勢志摩は意外と遠いのね~。
市内に入って程無く伊勢湾フェリー乗り場へ到着。待合所には車が数台と…バイクはゼロ^^;
そう言えば去年のお盆の時も俺だけだったよな~。んで、反対の伊良湖方面からの便はバイクの行列が出来てんだろうなきっと。やっぱ関東方面へ向かう他のライダーは、皆高速ですっ飛んで行ってしまうんですかね。
確かに時間的にも費用的にもそっちの方が効率が良いんだけど、帰りはともかく行きは旅の気分を盛り上げる意味でも私はこのルートを選びます。船内で1時間弱くつろげるのも大きいしね。


060503-1.jpg
鳥羽港・伊勢湾フェリーのりば。
未だここで他のライダーさんとかち合った記憶が無いw


午前7時発の始発(臨時)便に乗船。
船内では持参のパン類で朝食を済ませた後、寝不足を少しでも解消すべく仮眠を取ろうとするも、これまた寝付けずじまい(;´д`)
今後のライディングに悪影響が出ないか心配…

船は定刻通りに伊良湖港へ到着。やはり鳥羽方面の待合所には無数のバイク&ライダーが…あの台数だと多分積み残し発生だな、ナムー(-人-)
伊良湖港からはR42をマターリと浜松へ向けて走行。これと言って特徴の無い田舎道と言う風情で、流れるペースもそれなりなのでともすれば退屈になりがちだが、大都会の殺気立った国道をハイペースで走らされるよりは遥かにマシと言うものだ。

およそ一時間ほどR42を走り、今度はR1(浜名バイパス)に入る。この辺りになると交通量も増えて来たが、渋滞とまではまだ行かない。て言うかこんな所で渋滞されては困るよw
浜名バイパスは何時の間にやら無料化されていたらしい。ちょっと得した気分(笑)。途中に駐車スペースなどはあまり無いが、浜名湖と三河湾の風景が美しい開放的な道なので、個人的にお勧めしたい道であります。

バイパスを降りた後は、朝からご苦労な珍走団のケツに付いた状態で東名浜松ICまでマターリ走行(w。そしていよいよ東名高速へ入って行く訳だが、この時点で『静岡~富士 渋滞40km』と来たか!(滝汗)
ううむ、いくらGW期間中とは言え、上り線でこれだけの渋滞が発生するなんて事は極めて稀なんだが…と言う事は事故渋滞か?だとすると相当派手にやってるのかも知れない。こりゃあ解消までには相当な時間がかかりそうだ(;´д`)

とは言うもののまさか下道で伊豆まで走り切る訳にもいかないので、腹を括って高速に乗ってみる。すると料金所を出て合流する時点で既に渋滞中…この先牧之原辺りまで自然渋滞が発生してる模様。あうあう(;´д`)
こう言う時はすり抜けしかない訳なのだが、路肩付近を走るのは取締りの餌食になるのでリスクが大き過ぎる。と言う事であまり勧められた手段ではないが、やむを得ず車と車の間を低速ですり抜ける事に。しかも今回はパニア装備なので、いつも以上に車幅感覚に気を遣わなければならない分更にペースが落ちてしまう。だが、突然の車の動きに対応する為には仕方の無い事だ。
ふと反対車線を見ると、車3台ほどが絡んだ事故現場が目に入って来た。救急車も停まっていた事から負傷者が出ている模様。そのせいで対向車線も長い渋滞が発生している。だが、それはかえって私の焦る気持ちにブレーキをかけてくれた。不謹慎な言い方になってしまうが…

牧之原を過ぎた辺りでとりあえず自然渋滞は解消し、普通に流れるようになって来た。渋滞情報も事故処理が進んだのか、何時の間にか『清水~富士 30km』と気持ち短くなっている。しかし長い渋滞には変わりないので、少しでも時間を短縮すべく常識の範囲内でペースを上げて走行する。本日の宿は伊豆熱川に取っている為、あまりここで時間を食うと到着が夜遅くなったりしないとも限らないのだ。

遠州灘と駿河湾の風景を楽しみながら淡々と走り、いよいよ渋滞開始地点の清水付近に差し掛かって来た…が、確かに車の数は増えて来たものの、流れなくなっていると言う程では無し。なんだ、あの情報はハッタリだったのか?^^;
と思っていたら、富士川SA近くで段々とペースが落ちて車列が出来て来た。どうやら渋滞の起点がここまで下がって来た模様。と言う事はかなり事故の処理が進んだと見て良いだろう。
ふと時計を見ると丁度昼飯に良い時間だったので、そのまま富士川SAへ入る事にする。GW後半戦初日、しかも快晴とあってさすがにSAは大混雑。バイク駐輪場も満車状態で、仕方なく駐輪場外の空きスペースに停めることにした。

富士川SAにはレストランとうどん・そばと言った軽食類が食べられるスナックコーナーの2つの飲食施設があるが、この人込みではとても中に入って食べられたものではなく、止む無くテイクアウト物を買って外のベンチで食べる事に。
そして今回選択したのは、いつぞやのB級グルメ選手権で大賞を取った『富士宮焼きそば』。一体普通の焼きそばと何処がどう違うのか、興味をそそられつつ1つ買い求めてみたが…


060503-2.jpg
どう見ても普通の焼きそばです。本当に(ry


具に特色があるわけでも無く、味もこれと言って美味しいと言う訳でも無し。正直期待外れ(苦笑)
これだけでは腹が満たされないので、その後揚げ餅なる物も買って食べてみたが、こちらは味はともかく冷えたものを渡されてかなりげんなり。人の多い時に買おうとするとこうなるのね┐(´~`)┌

そんな感じでかなり不本意ながらも人間の燃料補給は完了。続いてバイクの燃料補給を行って、1時間弱で富士川SAを後にする。
気になる渋滞は確かに流れは良くないものの止まるほどではなく、やがて渋滞の発生地点である富士ICへ差し掛かったが、どうやら事故処理は完了していたようで、車線規制なども行われていなかった。そしてここを境に流れはだんだん良くなり、伊豆半島方面の玄関口となる沼津IC手前くらいからはすっかり普通の流れへと復帰。結局意外とスンナリ来れてしまったね^^;
その後沼津ICからもう一つ先、裾野ICで東名から離脱。伊豆半島へ向かうのなら沼津IC離脱の方が正直距離も近いのだが、R1やR136の渋滞を嫌って、敢えて芦ノ湖スカイラインから遠回りして行こうと言う訳で^^;

裾野ICからその芦ノ湖スカイラインへは、静岡県道337号・仙石原新田線を通ってアプローチする事になる。出だしは広狭混在のごく普通なローカル県道と言う趣だったが、やがて集落を離れて山間部に突入すると、一気に勾配がきつくなって来てさぁ大変(笑)。
道幅もいつしか1車線ちょいがデフォになる上、芦ノ湖・箱根の両スカイラインから降りて来る車が結構やって来るので、離合にも気を使わなければならず、両パニア装備&大型ザックに荷物満載のタイガーでは想像以上に疲れる事態が続いたのだった^^;


060503-3.jpg
これ位の上り勾配が連続で襲い掛かって来るのです(汗)


そんな感じで慣れない遠征先の地で急勾配と急カーブに苦しみながらも、何とかトラブルも無く芦ノ湖&箱根スカイラインへの接続地点である湖尻峠に到着。峠には未舗装ながらちょっとした駐車スペースがあったので、そこにタイガーを停めてちょっと記念撮影タイム。


060503-4.jpg
箱根スカイライン側を向いてまずは一枚。いかにもスカイライン的な景色が良いですね~。


060503-5.jpg
天気も言う事無しで、実に爽快なスカイライン走行が期待出来そうですヽ(゚∀゚)ノ


撮影も含めて10分ほど小休止した後、芦ノ湖スカイラインへと進入開始。GWと言う事で交通量の多さを危惧していたが、実際にはそれ程ではなく、終始快適なスカイライン走行を楽しむ事が出来た。


060503-6.jpg
三国峠の展望台にて。
写真右側にうっすらと富士山が写っているのがお分かり頂けるだろうか?


芦ノ湖スカイラインの終点は箱根峠。
『箱根の山は天下の険 函谷関も ものならず…』と、箱根八里の歌にも歌われたほどの天下の難所と言うイメージが私にはあっただけに、さぞかし凄い所なんだろうと期待を膨らませて足を踏み入れてみる…
が、現実にはGSとコンビニがあるごく普通の交差点でしたよorz
名前に騙されたwww

そんな訳で少々気落ちしながら(笑)、本日のメインイベントとも言える伊豆スカイラインを目指して静岡県道20号・熱海箱根峠線へと進入。しかし2km程度走った先で渋滞発生キター!!(汗)。しかもこの県道は路側帯が殆ど無いか、あっても蓋無しの側溝に邪魔されたりでほぼすり抜け不可能と来ましたよorz
まさか有料道路へのアプローチで渋滞が発生するとは…かつての乗鞍スカイラインじゃあるまいしとタカを括っていた私は少なからずショックを受けましたですよ(;´д`)
しかし今更どうする事も出来んので、この先の熱海峠で半分程度の車が熱海市街地へ消えていく事を期待しつつ大人しく車列に並ぶ事に。その間にも我慢出来なくなった血の気の多いライダーが、気に留める事も無くガンガン車が通る対向車線にはみ出しながら前の車列に割り込んで行く…見たく無い光景だ(-"-)

そして長きに渡るノロノロ運転の後、ようやく熱海峠に到着。
さぁここで数多くの車が熱海の温泉街を目指してくれれば…
しかしそんな私のはかない願いは見事に打ち砕かれ、殆どの車は伊豆スカの料金所へ鈴なり状態orz
こうなっては是非も無し、金を払ってまで渋滞の列に加わる気など毛頭無いので、潔く伊豆スカ走行を諦めて静岡r11・熱海函南線へと進路変更。まぁどうせ熱海から先のR135も渋滞している事だろうが、金を払わずに済む分精神的にマシと言うものだ(苦笑)

さてこの静岡r11だが、実は2年前の秋にも一度走行している。
伊東で行われたとあるオフ会に参加した際、当時の愛機・隼で走行したのだが、急激な下り坂の連続で1速でエンブレを効かせながらの走行を余儀無くされ、エンジンが凄い音を上げていたのは記憶に新しい所。
そして今回も例に漏れず、タイガーで轟音を響かせながらの走行となった(笑)。最もこの辺りは海岸まで山が迫り出しており、そして残された僅かな平地に温泉街が展開していると言う地形上の条件から仕方の無い所ではあるのだが…

そんな訳で熱海の市街地へ到着。
入り組んだ路地をそそくさと走り抜け、今度はR135へ。
予想通り入った瞬間から渋滞してますたorz
ただここは先程のr20と比べてまだすり抜けは幾分やり易いので、パニアを装備している後ろに気を遣いつつソロソロと前へ進んで行く。
しかし当然の如くペースは上がらず、伊東市内へ入る頃には既に時計は午後3時をオーバー…この調子だとチェックイン予定時刻ギリギリである。早く宿に入って、温泉に浸かってマターリしたいのだが(;´д`)


060503-8.jpg
WC休憩の為立ち寄った、道の駅『伊東マリンタウン』にて。
駐車場は当然の如く満車状態で、出入りの際にも渋滞が発生している程でした。


伊東市街の手前では一旦流れが良くなったR135だが、市街を抜ける頃にはまた渋滞発生。さすがにすり抜けにも疲労して来たので、伊豆高原までは国道と併走しながらもより海沿いを走る静岡r109・伊東川奈八幡野線を走行する事に。道幅が狭い上に同じ事を考えたドライバーも複数居た為快走とまでは行かなかったが、国道を走るよりはずっと良いペースで走れたのでまぁよしとしよう(笑)。海沿いの景色も楽しめたしね。
伊豆高原の手前の城ヶ崎を通過する際には、15年前に母親と訪れたペンションの事をふと思い出し、ちょっとばかり感傷的な気分に浸ってしまう。記憶を頼りに探し出してみようかとも考えたが、時間が無い事を理由に結局パス。あの犬好きで(当時ここで飼っていたセントバーナード犬に惹かれたのが訪れるきっかけだった)人当たりの良いオーナーは今でも元気でやっているのだろうか…

そんな訳で気になったので帰還後に調べてみた所、ペンションは今でも営業を続けている事が分かって一安心。って言うか私が心配し過ぎなだけ?w
オーナーさんも元気でご活躍の模様で何よりでした。今度久し振りに訪ねてみようかな?一人旅でペンションと言うのはいささか気が引けますがwww


占いペンション サニーサラダ


さて話を元に戻して…
伊豆高原手前の八幡野交差点で、県道から再度R135に復帰する。しかし渋滞は相変わらず、いやむしろ悪化しているようなorz
交差点から直ぐ先の伊豆急のガード下では、この渋滞にエンジンが耐え切れなかったのか、1台のフェラーリがボンネットを全開にして停車しておられました(-人-)ナムー

ひたすら我慢の子でゆっくりとR135を南下。そして伊豆熱川の街も近づいたと言う辺りで、ようやく普通に流れるようになって来る。沿道に点在する温泉街に向かう車による分散が進んだせいか?
そして伊豆熱川の駅前から温泉街へ。ここでも東伊豆独特の急勾配に苦戦する羽目に^^;
それでも何とか午後5時過ぎに、本日の宿泊先であるゲストハウス・つくし館に無事到着。駐車場の片隅にタイガーを停め、荷物を部屋に運び込んでようやく一息付く。はぁ~疲れた(;´∀`)
#実は左側のパニアにガードレールで擦った傷があったのは内緒w

夕食まではまだ1時間あまりあったので、早速温泉に入る事にする。
風呂自体は家族風呂形式の狭いものだったが、貸切入浴出来るのは有難い。しかも温泉は源泉かけ流しと来ては、これは時間をかけてゆっくりと入浴するしか…と言いたい所だったが、昔から私は長湯に弱い体質の為結局30分少々でギブアップ(笑)

風呂から上がると程無くして夕食タイムに。
海山の幸が満遍なく並んだ、ご主人自慢の養生料理は大変美味しゅうございました(゚д゚)ウマー
そりゃあもう普段なら残す筈のしいたけやにんじんもしっかりと頂いた位に(笑)

食事の席では、ご主人がこの宿の売りでもあるお面について色々と講釈してくれたり、また個人的にいろいろと会話したりととても楽しい時間を過ごす事が出来た。小規模の民宿だとこう言うふれあいがあるのが嬉しいね(^^)

食後はビールの酔いも回っていた事もあって、すぐに布団を敷いてウツラウツラ(笑)。後はぽっこ師匠に翌日の呑みの件についてメールしたり、ダラダラとテレビ(K-1MAX開幕戦など)を見たりして、気がつけば深い眠りに堕ちておりましたとさ(w


(放浪記2日目に続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人の作りしもの

食いモンネタに反応w

>富士宮の焼きそば
当然ココが発祥の地でもなんでもなく、宇都宮の餃子と同様に町興しで作られたものですからねぇ。広島みたいにお好み焼きとのカップリングのような独自性のあるものであれば、また楽しみ方もあるんでしょうけど…

↓どうせならこれくらい量があってコテコテなのがいいのぉ(笑)
http://www.alice3.mine.nu/~wakana/temp/img/iwasakiya.jpg

釣られた香具師の呟きw

つい数ヶ月前に近所に出来た焼きソバ屋(今日行ったら閉店してたw)で焼いてるのを見た時、何となく予想はついてたんですけど、折角ご当地に来たんだからと言うノリで…見事釣られましたですよ(笑)
それにしてもカップリングとなると…富士の名産って何だっけ?^^;

>リンク先
一瞬グロ画像かと思いましたがな(爆)
しかしこの油ギッシュさに惹かれるのはどうしたものか(汗)

モロモロに反応・・・

浜名BPって、昼間も無料になってたんですか? 東京ノー高速鈍行の時に、いつからか夜間無料開放されていて助かったのですが・・・。静岡県下の有料BPも今は夜間無料だそうですが、そちらも全面無料だととっても嬉しい・・・。

観光地の裏の裏まで見聞きしてしまうと、各地の名物も「で、それが・・・?」って感じになりがちです。目の前で取れ立ての、旬の山菜や魚ならどこの物であっても喜んで食べますが、それ以外は・・・。
「何食べたって要はコンバットレーション」って言う感じが無きにしも有らず・・・。

転居届け

一日目のレポを拝見しただけですが、GWは楽しく過ごされた様子。休みが一日しかなかった私からすると羨ましい限りです^^;

さて、守護神さんにはバレておりましたが(笑)、この度『大和の国の壊人』を移転しました。お手数ですが手隙の時で結構ですのでURLの変更を願います。

プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。