スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道&鉄活動チャンポンツーリング

この日はDR-Zの納車が間に合えばシェイクダウソがてらどこぞの林道にでも突っ込もうと思っていたのですが、結局間に合わなかったのでタイガーでふらふらと丹波方面へ出かけ事にしました。
加悦のSL広場をメインに、後は面白そうな道を何本かマターリと走ってみる、てな感じのノリでとりあえず出発。しかし空気圧調整やロック解除などをやっている間に、早くも滝のような汗が…
こりゃあ今日は何Lの水分を取る羽目になる事やら(;´Д`)

まずは高速で篠山口まで爆走。
途中西宮名塩SAで早くも水分補給の為ピットイン(汗)
ところがここではSA入口の車線で幅寄せして来るアフォ、二輪の駐輪スペースの前に次々と車を停めるアフォと立て続けに不快な香具師に遭遇しブチキレ状態ヽ(`Д´)ノ
ツーリングの出鼻を思い切り挫かれましたわ…
特に後者はこっちがさぁ出ようかとしている際にも構わずスペース前に停めて来る香具師がいるなど、極めて悪質。まぁ亀田宜しく盛大にメンチを切って追っ払いましたがw
何か最近、休みになると二輪をナメた糞ドライバーに良く遭遇するんだが、これって何か法則性があるのか?(苦笑)

とまぁいきなりテンションダウソの憂き目に遭いつつも、気を取り直して篠山口からはR176を北上する。途中の鐘ヶ坂トンネルは最初は一旦新道の方を走りつつも、思い直して引き返しがてら旧道を走行してみると言う意味不明な行為に及んでしまったw


060820-1.jpg
旧道柏原側入口から入って直ぐの所。一見旧道とは思えない立派な2車線道。


060820-2.jpg
新鐘ヶ坂トンネルの開通により、一線から身を引いた鐘ヶ坂トンネル。
現道時代にはひっきりなしに車が通ったであろうこのトンネルも、旧道となった今では実にひっそりと静まりかえっている。
事実、この撮影時に通行した車両は一台も無かった。


060820-3.jpg
旧道に残るおにぎり。当分はこのまま設置?


なお鐘ヶ坂トンネルのすぐ上には、私の周囲でも幾度と無く話題に上った明治時代生まれの鐘ヶ坂隧道が存在するのだが、旧鐘ヶ坂TN柏原側坑口から遊歩道を600mと言う数字にあえなく挫折し、探索を断念してしまった(汗)

鐘ヶ坂の旧道の後は、引き続きR176から兵庫r7~r109~R9~R426~r530~r63~R176とこまめに繋いで走行。県道はみな取り立てて特徴の無い道だったが、r109の穴裏峠の前後は足慣らしには丁度いい感じのワインディングで結構楽しめた。

そんな感じで加悦のSL広場を目指すべくR176に復帰。
しかしすぐに与謝トンネルが目の前に現われる。
そしてごく自然に旧道へと入って行く私マー(ry


060820-4.jpg
ああ、折角洗車したのにまた足回りが汚れ…orz


060820-5.jpg
与謝峠に到着。
現道時代も狭かったのだろうが、この時期だけに草の張り出しも凄く余計に狭く感じられる。
僅かに残る白看板が自然に還るのも時間の問題か?w


060820-6.jpg
峠から下るとすぐにこんな状況にw
三重県の600番台以降の3ケタ険道ほどではないが、なかなかの放置っぷりは流石だな京都府(AAry


この与謝峠旧道、峠から加悦方面への下りは上の写真のように土砂の流出が随所にあったりして路面状況は悪い。変(ry)ならまだしも、普通の方々は黙ってトンネルを通過された方が賢明です^^;<特に4輪

与謝峠を越えると数分で本日の目的地、加悦SL広場に到着。
道の駅『シルクのまちかや』の向かいに位置するこの施設、実は4年前に隼で一度訪問済みだったりする^^;
詳しい情報はこちらでどうぞ。
#『キハユニ51の修復状況』のページを担当した人がAAを多用していますが、キニシナイ方向で(謎)


060820-7.jpg
SL広場の象徴とも言うべきC57&C58の2台のSL。
最も象徴と言う割には、保存状態は芳しくは無いのだが…


060820-8.jpg
広場の駐車場に保存されている、日本最古の路面電車No.5型。
しかし、日本最古の車両の形式が英式表示と言うのは何か変じゃないか?(笑)


060820-9.jpg
敷地内に保存されている南海1201系。車内は喫茶店に改造され居る模様だが、窓を開けている事から冷房改造はされていないようだw


060820-22.jpg
同じく敷地内に保存されている、加悦鉄道のキハ10型。
車内はゲーセンに改造されているのだが…


060820-23.jpg
やっぱりコレが置いてあったwww
さすがにアイマスの筐体は無かったが(当たり前じゃw)


さて、到着時点で時刻は既に正午前。
と言う事で広場への潜入前に、まずは腹ごしらえをする事に決定。
ショップ蒸気屋でSL力そばと焼おにぎりを注文、折角だから俺はこの赤い扉を選ぶぜキハ083の方に出前して貰い、車内で味わう事にした。


060820-10.jpg
食事が出来るように車内を改装されている、旧加悦鉄道キハ083型。
スパッと切り取られたような妻面が、旧型客車の面影をよく残している。
(この気動車は客車からの改造車です)


060820-11.jpg
オリジナルで残っているキハ083の座席を撮影。
木目剥き出しの背もたれが何とも味わい深い。


060820-12.jpg
旧国鉄車両の名残、JNRロゴ入りの灰皿。
J・N・R!J・N・R!(謎) 


060820-13.jpg
車内にはこんな感じでテーブルが設けられたボックスがいくつかあり、ここで注文した料理を頂くようになっている。
写真の二人用の他、家族用として大き目のテーブルが設けられている席もある。


060820-14.jpg

で、これが私の注文した『SL力そば』。ごく普通の餅入りそばですなw
SLと言うからには、イカ墨のそば麺なんかが出て来るのを密かに期待していたのだが…www
黒く見えるのはワカメです。念の為^^;


食後はいよいよSL広場の散策に入る。
4年前の時は受付が無人で止む無くタダで入場したのだが(爆)、今回はちゃんと係員さんが居てしっかりと500円を徴収されましたw
ちなみに入場券はこれまた鉄ちゃんにはたまらない硬券で、印字もしっかりと旧字体になっている芸の細かさが素敵である(笑)

で、広場ではそれこそ猿のように展示車両を片っ端から撮影w
気がつけばここだけで50枚ほどの写真を撮影してしまう羽目に(汗)
だって機関車も含め、殆どの車両が車内立入可なんだから仕方ないですよ(;・∀・)デスヨ
と言う訳でさすがにそれだけの量の写真をここでアップする訳にもいかないので、この広場で撮影した分については後日インフォシークのフォトアルバムに上げ、こっちからリンクを張る形を取らせて頂きます^^;


060820-15.jpg
道の駅にあった『魔女の宅急便』のキキタソが描かれた壁。
何の関係があるのか分からんが、とりあえずキキタソ(;´Д`)ハァハァ


食事やら見学やらで、このSL広場ではおよそ1時間半ほど滞在。
さぁここまで来たら一気に魔界・丹後半島へ…

とはさすがに行かないぞwww
だって時間ねーし^^;
と言う訳で次に向かったのは、SL広場から20分ほどの場所にあるr251薬王寺峠。ここから伸びる郷路林道を走ってみようと言う魂胆である。
実はこの薬王寺峠も今回が2度目の訪問になる。前回の訪問は2004年10月17日、まだロッシカラーのCBR600F4iに乗っていた頃の話だ(笑)


060820-16.jpg
峠の風景は、約2年が経った今でもさほど変わりは無い。
風が強いのも相変わらず(笑)


さて、前回の来訪時には舗装工事の為通行止めだった郷路林道。
あれから2年近くが経った現在なら、いくら何でも通れるようになっている筈…
と思いきや!


060820-17.jpg
まだ通レネェヨヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


たかだか6~7km程度の林道を舗装するのに、まさか2年もかかるまい。災害の為とか言う看板も無い事だし、これはきっと不法投棄対策か何かだろう。
関係の無い者にとっては甚だ迷惑な話よ┐(´~`)┌


060820-18.jpg
とりあえず無念さを全身で表現し、今日の所は撤収w


多分、もうここには来ないだろうな…(苦笑)
と言う訳で失意の内に三たびR176へ。


060820-19.jpg
雲原集落のドライブインの敷地内にある阪急2800系と記念撮影。
未だにこの車両がここにある意味が分からん…^^;


とりあえず時間もいい感じだし、この後はメールでお呼び出しがかかっている為福知山のJOYREXでアイマスをしなけりゃならんので(爆)、この辺りで大阪へ向けて帰還を開始する事に。
とは言え、行きと同じくR176と言うのでは芸が無さ過ぎるので、坂浦トンネルを出てからr528に入ってちょっと寄り道。
所々狭路が存在するごく普通のローカル県道だったが、そのごく普通な田舎の風景が実に気持ち良かったヽ(゚∀゚)ノ


060820-20.jpg
沿道の田んぼに設けられていた害獣除けのようなもの。
って、虎かよ!(大笑)


060820-21.jpg
虎のツーショット実現www


r528を走り終えた後はやや混雑気味のR9へ合流。
そして予定通りJOYREXでアイマスをプレイw
プレイ内容に関しては例によってアイマスブログの方をご参照下され^^;
#とりあえず6対人戦はもう勘弁ね(汗)

で、プレイも終わったのでさぁ後は高速に乗って帰るだけ…
と思ってたらゲーセンを出た途端ににわか雨キターorz
まぁ予報では午後から一雨あるような事を言ってたんで仕方ないと言えば仕方ないのですが…

雨装備(と言ってもレインパンツだけですがw)は持参していたものの、なるべくなら着たくなかったのでこまめに雨宿りしつつ前進。
しかし高速のインター直前で遂に本降りに(;´Д`)
仕方なく直ぐ近くの地下道で雨宿りがてら、レインパンツを着用。
ところが折角暑い思いをして履いたレインパンツも、役に立ったのは高速に入って5分ほどの間だけ。篠山口に入る頃にはすっかりもとの晴れ間が広がっていましたとさorz
前回の丹後半島遠征とは違い、今回はホントに局地的な雨だった模様。
そしてそんな局地的な雨に見事ヒットする漏れって…_| ̄|......○

結局この後西紀SAで雨装備は解除。
あとは中国道で少々渋滞に引っ掛かったものの、それ以外は順調な走りで午後6時前に無事帰着と相成った。


出発前にはあまりの酷暑に一瞬引き篭もりも考えた今日だったが、辛抱して出かけてみたのは正解だった。確かに暑いこの時期ではあるが、この時期だからこそ風を受けて走る爽快さがまた一層際立つんだと強く感じた次第。
やっぱりバイクって楽しいよ、うん(^^)

さて、来週の日曜日はいよいよDR-Zのシェイクダウソかな?
シートは間に合いそうに無いので、ケツの痛さは覚悟しておかないとな(汗)



この日の走行距離:約325km

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加悦SL広場について-トラベルランナーズ

加悦SL広場加悦SL広場(かやえすえるひろば)とは京都府与謝野町加悦町|加悦にあるカヤ興産が運営する鉄道保存展示施設である。1977年9月に開設した、主に加悦鉄道で活躍した車両を展示している。なお以前は加悦駅跡にあったが、1993年には当時の加悦町へ加悦駅用地を譲渡の

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ~(=゜ω゜)ノ旦~

暑さに負けて引き篭もり状態@あめふらしです。

与謝峠旧道、走ろうと思い続けて早何年?
ろうそく灯して逝けるかなぁ(謎

良い味の旧道となってますなぁ。
KSRⅡでは遠すぎますです。

>加悦の保存車両達
保存状態がねぇ。
あと何年保つか・・・

南海1201型もいたのね。知らなかった。
野上電鉄が払い下げてもらっても、鉄橋の重量制限で
あぼーんしたのはいつのことやら・・・。

国鉄時代のキハ40(初代)やないですか。
これだけも見に行く価値ありますな。

・・・と鉄分の多い@あめふらしですた。

与謝峠は相変わらず…

乙であります。
与謝峠、相変わらずの様子ですな。
坂浦TN旧道も似たような感じですが…

鐘ヶ坂隧道へアプローチ、ごくフラットなダートなのでタイガーでも行けるのではないかと。
それ以前に、今はチェーンゲートがありましたっけ…

加悦のSL広場は外から見ただけです…

★あめふらしさん
>KSRⅡでは遠すぎますです。

つZRX1100

>加悦の保存車両
いや、大体の車両はまめに補修されてたりで状態は良いんですよ。
ただ何故かC57とC58は腐食が進んでいるのに放置状態で…動輪なんかも錆まみれで見るに耐えんです(TT)
まさか加悦鉄道とは直接関係の無い車両だからと、放置している訳では無いとは思うのですが…

>南海1201
確かにあの車体を野上鉄道で走らせるのはちとキツいですな(笑)
あそこの車両って殆どが17m級だったんじゃ…鉄橋もそうですが、まずレールが悲鳴を上げるんじゃないかとw

★ちゃんまつさん
そう言えば坂浦TNの旧道もあったっけな(笑)
まぁこれはDR-Zに任せますw

>鐘ヶ坂旧々道
入口に太目のポール付きのチェーンゲートがあって、完全に歩道化されていたのでタイガーではとても進入出来ませんでした(汗)
これも今度DR-Zで隙間から強引にトライしてみますかねw
プロフィール

赤の守護神

Author:赤の守護神
生息地:大阪

年齢:40台に突入しますた(´;ω;`)ブワッ

趣味:バイク、旅行(乗り鉄)、野球&プロレス観戦、自転車、ドカ盛りラーメンと格闘、お人形

座右の銘:『買わずに後悔より買って後悔』
『明日は明日の風が吹く』
『ニンニク入れますか?』

・所有オートバイ
DUCATI ST3(2007 Red)
HONDA XR250(2002 Red)

・所有自転車
OPERA CANOVA(2013)
あさひ ロンドンタクシー(通勤用)
JEEP 折り畳み自転車(輪行マシン)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ『ドロシア』
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。